役員変更時は登記申請が必要!登記申請の3つの方法をご紹介します

役員変更
役員変更時は登記申請が必要!登記申請の3つの方法をご紹介します

まずはじめに

この記事を読んでいるあなたは、会社の役員変更時の登記申請について調べていることと思います。法人の登記は非常にレガシーな分野であり、インターネット上にも色々な情報が公開されています。

中には古い情報も多く残っていて、「この記事って最新の規定に則ったものなのかわからない」と感じたことはありませんか?

また、本当に信じていいのか分からない信憑性に欠ける記事も多く目にします。
このスパイラルに陥ってしまうと、自分が本当に必要としている記事やサイトにたどり着くのは困難となります。

そんな皆さんの為に「役員変更時の登記申請方法」について最新の情報を分かりやすく説明しています。この記事を最後までお読み頂ければ、次にやるべき事が明確になると思いますので、是非最後までお付き合い頂ければと思います。

3つの方法の紹介の前に、登記変更申請の期日について

あなたの会社ですでに役員変更が行われているとしたら、登記申請の期限について把握しておく必要があります。

登記変更には変更が生じたときから2週間以内という期限が設けられています。この期限を過ぎてからの登記申請は「登記懈怠(とうきけたい)」と呼ばれ、100万円以下の過料の制裁を受けてしまう可能性があります。

期限の計算方法は?

役員変更は株主総会で決議されますが、株主総会で決議され、同日選任された役員が就任を承諾した場合、次の日が起算日となります。起算日から2週間後が満了日となりますので、すでに期限が近づいている方は十分にご注意下さい。期限まで時間がない!という方は、おすすめの申請方法をご紹介します。

役員変更時の登記申請には3つの方法があります!

役員変更時に限ったことではないのですが、株式会社の登記変更の申請には3つの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、あなたに一番合った方法で登記申請することをお進めします。

登記変更の申請方法その1、司法書士に依頼する

登記申請の方法で一番オーソドックスな方法は、司法書士に依頼することです。
会社の設立時を含め、これまでに登記申請をしたことがある人でしたら「登記申請=司法書士」というのは常識ではないでしょうか。

司法書士に頼む一番のメリットとしては、「登記の専門家なので信頼できる」ということでしょう。会社の手続きなので適当には出来ないですし、一番確実な方法です。

ただし、この司法書士に頼む方法は最大のデメリットがあります。
それは「司法書士には専門家報酬を支払わなければならない」というこです。

日本司法書士会連合会のアンケート結果(2018年(平成30年)1月実施)によると、例えば本店移転時の登記申請を司法書士に依頼すると平均47,000円の報酬が発生するようです。

高すぎて報酬が支払えない、極力費用を削減したいという会社はどのように登記申請をすればいいのでしょうか…。

登記変更の申請方法その2、とにかく自力で頑張る!

司法書士に依頼する費用が捻出できない場合は、もう一つの方法として「自分で登記申請する」ことです。実は専門家に頼まなくても自分で登記申請することができます。

申請時に登録免許税は必要になりますが、支払う報酬は0円。少しでも費用を抑えたい方は自力で頑張るのも一つの方法です。

ただし、現実的に考えるとお勧めできません。そもそもなぜ司法書士に依頼することが常識になっているかと言うと、登記手続きはとても難しいからです。知識の無い人が一から調べて登記申請をしようとすると、膨大な時間を要するでしょう。

とにかく自分でやってみたいんだ!という方はトライしてみても良いかもしれませんが、恐らくは途中で挫折します。そしていつのまにか二週間経ってしまい、「登記懈怠」になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

司法書士に頼む予算がないけど、自分でも無理そう…
そんな人はどうしたらいいのでしょうか。

登記変更の申請方法その3、最短15分で書類作成ができるAI-CON登記!

長らく法人登記といえば司法書士に依頼するのが通説でしたが、2019年1月に満を持して、オンラインで登記書類が作成できるサービス「AI-CON登記」が登場しました。

このAI-CON登記とても優れものなんです。一言で説明をすると、
「司法書士が監修していて、対応登記の書類が全て10,000円(税抜)で作成できてしまいます。

さらに優れているポイントをご紹介!

現在の登記情報を無料で取得でき、新たに申請する書類に自動反映できる

登記申請時にまず最初に引っかかるのが、「現在登記している情報の正確な把握」です。

現在の登記簿謄本は手元にありますか?手元にない場合は、正確な情報を把握する為に法務局からいちいち取り寄せて確認しなければいけません。
もし暗記しているのであれば問題ないですが、会社の基本情報などが少しでも間違えていれば申請は通りません。
確実に申請を通す意味でも、「現在の登記情報の把握」はとても重要です。

この面倒臭い「現在の登記情報の取得」ですが、AI-CON登記ではサービス内で取得してくれます!法務局から登記簿謄本を取り寄せるにはお金が掛かりますが、AI-CON登記では無料で取得でき、さらにその取得した情報が画面上に自動反映されます。

そうです、入力自体必要のない優れものなんです。
あとは変更情報や株主情報など必要最低限の情報の入力だけで書類が完成します。
これが最短15分で書類が作成できてしまう秘密なんです。

司法書士監修なので、信頼性があり、且つ対応している登記の書類が全て10,000円(税抜)以内で作成できるメリットだらけのサービスです。

さらに申請までのスケジュールも自動で立ててくれるので、申請日までにいつ何をすればいいかが明確です。

特に期限まで時間がないという方は、今すぐAI-CON登記を利用されることをお勧めします。

AI-CON登記の詳細

先ほども述べましたが、これまでの会社の登記申請は司法書士に依頼する場合殆どで、報酬が支払えない場合は自分自身で申請書類を作成するしか選択肢しかありませんでした。

特に設立したばかりのスタートアップ企業などは、予算が限られていて無駄な費用は極力抑える必要があります。そのような方の為に、2019年1月にオンライン(インターネット)で手軽に登記書類が作成できる「AI-CON登記」が登場しました。

価格設定も負担のかからないリーズナブルな設定となっており、対応登記書類が全て10,000円(税抜)以下で、最短15分で書類が作成できます。

司法書士には頼めないし、自分で申請するのも面倒だし無理…という方は、AI-CON登記をお勧めします。

以下にAI-CON登記のメリットとデメリットの詳細を記載します。

メリット

  • 司法書士が監修しているシステムなので司法書士に依頼するのと同等の安心感
  • 司法書士に依頼するよりはるかに安く、低コストで書類作成ができる
  • 手続きについて自分で一切調べる必要がない
  • 現在の登記情報をAI-CON登記が無料で取得し、作成書類に自動反映できる
  • 入力事項は変更内容や株主情報など、最低限必要な情報のみ
  • 不備があれば返金保証精度あり


デメリット

  • 現在は株式会社の変更登記の一部のみ対応(詳しくはサイトでご確認下さい)


自分で手続きについて調べる必要がなく、専門家に依頼するよりも安く、素早く登記書類が作成できます。従来の登記申請の面倒臭さを一蹴した便利なシステムです。

現在の登記情報はAI-CON登記が無料で取得し、取得した情報は画面上に自動反映できます。なので、記載しなければいけない情報は変更情報など最低限必要な情報のみ。

価格も専門家に依頼するよりも安いので、AI-CON登記は非常に便利です。

導入された企業の声

AI-CON登記を利用された方の声は以下の通りです。

  • はじめは本当にできるのか半信半疑だったが、利用してみて便利だと分かった
  • 現在の登記データが自動反映されるのを見たときに、便利なサービスだと確信した
  • 登記書類の作成までオンライン(インターネット)で完結でき、便利だと感じた
  • 手間を掛けたくなかったので、AI-CON登記は非常に便利だった。
  • 今後新たに登記変更が発生するときは、必ず利用させてもらう


中にはこんな声もあります

  • サイトを見て便利なのは分かったが、本当にできるのか、AI-CON登記を利用して問題ないのかが不安だった


AI-CON登記システムは司法書士や弁護士の監修の元で制作されています。そのため安心かつ低額の費用で利用できるサービスですので是非ご利用下さい。

まずはAI-CON登記サイトをご確認下さい。
AI-CON登記はこちら

まとめ

今回は登記申請の3つの方法について、それぞれメリットとデメリットのお話をしました。登記申請の満了日までに時間がない方や、無駄な費用を抑えたい方は是非「AI-CON」登記をご利用下さい。

次回は役員変更のことなら全てわかる役員変更完全ガイドを作成します。
気になる方は是非お読み頂けると嬉しいです。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。