代表取締役と代表取締役社長の違いとは?

役員変更
代表取締役と代表取締役社長の違いとは?

「私が社長の〇〇です。」と自己紹介されたときに、その方の名刺や正式な肩書をチェックしたことはありますか?

おそらく一番多いのは「代表取締役社長」となっているパターンです。ただ、たくさんの名刺、肩書をチェックしていくと、ちょっとした違いに気づくかもしれません。

  • 「代表取締役」と「代表取締役社長」がある
  • 「代表取締役社長」のほかに「取締役社長」もあった
  • 「代表取締役会長兼社長」という人もいる


このように、一言で「社長」といっても実はいくつかのパターンがあります。
これはなぜなのでしょうか?

本記事では「社長」という役職と、疑問に思われる方の多い「代表取締役と代表取締役社長の違い」について解説します。

「社長」は社内での呼び方にすぎず、法律で規定される立場ではない

「社長」というと、その会社の中で最も高い立場の人というイメージがあります。実際に多くの会社でもその前提で使われている呼称ですが、これはあくまでもその会社内における役割なのです。

会社によっては、さまざまな役職名があります。

よくある「マネージャー」や「部長」「課長」、最近ではCFOやCTOなどの「CxO」や「執行役員」、大きな企業では「専務」や「常務」といった役職名がありますが、これらはすべて「社長」と同じく、その会社内での役割を示すために、その会社が決めた役職です。これら役職の人が持つ権限や義務は会社ごとに設定できます。

現実的には、各社がまったく独自の役職名を設定することはほとんどないですし、役職名を見れば会社の中でどのくらいの責任を持っているかはおおよそわかるというメリットもあり、慣習として普及しています。

これらの役職名の対比となるのが、「代表取締役」「取締役」「監査役」など、法律で権限や選任方法が定められた役割です。これらは社内で好き勝手に決めることはできず、株主総会の決議を経て株主から経営を委任される立場として就任します。

法的には、会社の役員というと取締役や監査役などを指します。
その中でも代表取締役は、取締役の中から選定された、会社を代表する権限を持つ立場なのです。

代表取締役と代表取締役社長に違いはない

つまり「代表取締役社長」という役職名は、社内的な呼称である「社長」と法律で規定された立場である「代表取締役」を組み合わせた肩書です。

「代表取締役」が誰であるかがわかれば対外的な権限としては問題ありませんので、「社長」はあってもなくても良い呼称ということになります。言ってしまえば「社長」を付けたいかどうかは自由に決めて良いということになります。

他にも「代表取締役社長兼CEO」「代表取締役社長兼会長といった肩書をみることがありますが、上記と同様に「代表取締役」以外の肩書は対外的な権限としてはあってもなくても同じです。ただし、社内での序列や役割をわかりやすくしたり、対外的なわかりやすさを示すという点ではこれら呼称にも一定の効果があります。

逆にいうと、例え「社長」でなく「専務」であっても「代表取締役専務」という役職であれば、対外的に会社を代表する権限を持っているということになるのです。

AI-CON登記

AI-CON登記なら、取締役や監査役の変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のAI-CON登記なら、変更したい役員の情報を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

役員変更の他に、商号変更、目的変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修 AI-CON登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

AI-CON登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
AI-CON登記はこちら(登録無料)

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る