代表取締役(代表者)変更の登記申請手続きに必要な書類

役員変更
投稿日:2020.09.23
代表取締役変更の登記申請手続きに必要な書類

会社に新代表取締役(新たな法人の代表者)が就任する場合、他の役員変更と同様に登記申請が必要です。(その場合、旧代表取締役は退任や辞任することもあれば、そのまま残り代表取締役が複数名になることもあります。)

本記事では、取締役会非設置会社における代表取締役の変更時の登記申請において必要となる書類について解説します。また、予定する役員変更の内容が決まっており、後は登記申請するだけという方向けに、ネットで簡単に登記書類を作成できるサービスについても紹介しています。

※なお「代表取締役」は法律上、株式会社に必要な役職で、会社によって代表者の肩書を「代表取締役」としたり「代表者」と表現する場合もありますので会社の状況に合わせて読み替えていただければと思います。

期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力することで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。

ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。
会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら

代表取締役(代表者)を変更するために必要な手続き

代表取締役の変更においては、登記申請方法よりも、どんな手続が必要かの確認が重要になります。

取締役会非設置会社ではおもに以下の方法で代表取締役を決定します。

  • 定款内に代表取締役の氏名を記載する
  • 取締役の互選で選定する
  • 株主総会の決議で選定する


代表取締役の選定方法自体が設立時の定款内に記載されている場合は、その方法に従って代表取締役を決定します。
代表取締役に就任する前提として取締役になっている必要があります。
外部から招聘されるなど、いきなり代表取締役に就任しているように見えるケースもありますが手続き上はまず取締役に就任した上で代表取締役に就任するというプロセスです。
※なお、取締役会設置会社であれば、取締役会で誰を代表取締役にするか決議するのが一般的です。


代表取締役(代表者)の交代の登記に必要な書類

代表取締役の変更登記に必要な書類は、他の役員変更登記に必要な書類と似ていますが、代表取締役に特有の書類が必要となる場合もあります。会社の状況により異なりますが、以下いくつか例を挙げます。

取締役が新たに代表取締役(代表者)に就任する(新任)

  • 役員変更の登記申請書
  • 株主総会議事録(出席取締役が実印で押印。ただし、従前の代表取締役が権限を持って出席して、会社届出印を押印した場合は、その他の出席取締役は認印で良い)
  • 株主リスト
  • 印鑑証明書(出席取締役全員のもの。ただし、従前の代表取締役が権限を持って出席して、議事録に会社届出印を押印した場合は不要)
  • 委任状(代理人に依頼する場合)


また、就任以外の登記申請では以下の書類がそれぞれ必要です。

代表取締役(代表者)が任期満了で退任する(退任)

  • 役員変更の登記申請書
  • 定時株主総会議事録(任期満了の旨が記載されていない場合は、定款も必要)
  • 株主リスト
  • 委任状(代理人に依頼する場合)


代表取締役(代表者)が任期満了後も役員を続ける(重任・再任)

  • 役員変更の登記申請書
  • 株主総会議事録(任期満了の旨が記載されていない場合は、定款も必要。出席取締役が実印で押印。ただし、代表取締役が権限を持って出席して、会社届出印を押印した場合は、その他の出席取締役は認印で良い)
  • 株主リスト
  • 就任承諾書(取締役の就任を承諾するもの)
  • 委任状(代理人に依頼する場合)


代表取締役(代表者)が任期中に辞任する(辞任)

  • 役員変更の登記申請書
  • 辞任届(取締役の互選により選定されている場合)
  • 委任状(代理人に依頼する場合)


代表取締役(代表者)の死亡により退任する(死亡)

  • 役員変更の登記申請書
  • 死亡届
  • 委任状(代理人に依頼する場合)




代表取締役(代表者)以外の役員(取締役や監査役など)に変更が生じても登記申請が必要です

会社の役員(取締役や監査役など)は法律で定められた立場です。

もし変更が生じた場合は、株主総会決議などの手続きに加え、役員変更の登記申請が必要です。これは、新任、退任、辞任、重任(再任)、解任、などすべての役員変更において同様に必要になります。

登記申請書類を作成し、株主総会議事録など必要書類を添付し管轄の法務局に提出もしくは郵送で申請します。また準備に手間はかかりますが、PCからオンライン申請もできます。
とはいえ、役員変更の登記申請は、本店移転や目的変更といった登記に比較すると、数年の任期ごとに発生し、そのたびに司法書士に依頼したりと面倒な手続きの一つです。

GVA 法人登記なら、取締役や監査役の変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、変更したい役員の情報を入力することで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

役員変更の他に、商号変更、目的変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修GVA 法人登記の特徴

  • 10種類以上の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら


【本記事の内容は動画でも解説しています】

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。 GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る