自分で役員辞任の登記申請をするためのテンプレートと記入例を紹介します

役員変更
自分で役員辞任の登記申請をするためのテンプレートと記入例を紹介します

株式会社の役員(取締役)が任期中に自らの意思で役員の立場から降りることを「役員辞任」といいます。

役員(取締役)変更には、就任、退任、重任、などいくつかの種類があり「辞任」もその一つですが、他の役員変更と異なり役員本人の申し出(辞任届の提出)が受理され、株主総会での決議などが不要という違いがあります。

いつ辞任が発生するかわからないため、前もって準備することが難しく、役員変更の中でも「コストをかけずに自分で登記申請できないか?」と考える方も多いようです。

本記事では、自分で役員辞任の登記申請をするための書類テンプレートや記入例を紹介します。

役員辞任の登記申請を自分でやるのは可能なのでしょうか?

結論からいうと、役員(取締役)の辞任を自分で登記申請することは可能です。

役員変更の中でも、就任(新任)や重任の際には、

株主総会の開催、役員の選任決議
候補者の就任の承諾
株主総会議事録や就任承諾書、印鑑証明書などの準備
役員変更の登記申請、登記簿上での公示
※任期や員数の変更を伴う場合、合わせて定款の変更も必要です。

などの手続きが必要ですが、辞任では役員(取締役)本人からの辞任届の提出のみで受理され、株主総会での決議は不要です。退任のように株主総会の終了をもって任期を満了した、といった議事録への記載も不要です。

つまり、辞任届を受理したら、その内容で登記申請すれば辞任に必要な手続きが完了するということになります。
登記申請は一度やれば次からはより短い時間でできますので、最初は大変かもしれませんがぜひチャレンジしてみてください。

AI-CON登記

役員辞任の登記申請に必要な書類

役員重任の登記申請では、登記申請書を含め以下の添付書類が必要です。

役員(取締役)辞任の登記申請に必要な書類
・役員変更の登記申請書
・辞任届
・委任状(代理人である司法書士が申請する場合)

役員の選任時には株主総会議事録や株主リストなどの書類が必要ですが、辞任する役員から辞任届を受け取っていれば用意するものはほぼ登記申請書のみといっていいでしょう。

※役員辞任の登記申請書様式(テンプレート)は法務局のWebサイトからダウンロードできます。このテンプレートでは、辞任に伴い新たな役員が就任する場合のものになりますので辞任のみを申請する場合は適宜変更してください。

役員辞任の登記申請書テンプレートと記入例

以下が役員辞任の登記申請書のテンプレートと一部の記入例です。

申請時にはこの登記申請書に加え添付書類が必要です。辞任届など、必要書類も含めた書類テンプレートは上記で紹介した法務局Webサイトからダウンロードしてください。

AI-CON登記


また、役員辞任の申請書類に記載する「登記すべき事項」については以下の記事もご参考ください。

関連記事:役員登記時の登記申請書の登記すべき事項の書き方を徹底解説します

AI-CON登記なら手間をかけずにリーズナブルに役員(取締役)辞任の登記申請ができます

役員辞任の登記は、退任や重任と異なりあらかじめ発生タイミングが決まっておらず、急な対応となりがちです。

役員辞任の登記を申請するには、司法書士に報酬を支払って依頼するか、自分で時間をかけて申請書類を作成する必要があります。どちらにしても発生頻度を考えると、効率化するのが難しい業務です。

司法書士監修のAI-CON登記なら、必要な情報を入力するだけで、10,000円(税別)程度の料金で変更登記申請書類を最短15分から自動作成。あとは印刷して押印や収入印紙を貼ればすぐに申請できます。
郵送でも申請できるので、法務局に行く必要もありません。

AI-CON登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
AI-CON登記はこちら(登録無料)

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る