法務局に行かずに自分で役員辞任登記をする便利な方法とは?

役員変更
法務局に行かずに自分で役員辞任登記をする便利な方法とは?

株式会社の役員(取締役)には必ず任期が設定されており、任期満了とともに退任となりますが、中には任期中に自ら辞任する場合もあります。

その理由は、業績悪化の責任や何らかのトラブルの影響、病気や事故により取締役の任を果たせなくなった、などさまざまです。

役員の就任、重任、退任などの手続きは「役員変更」と総称され、株主総会などでの法定の手続き加え、変更後は登記申請が必要ですが、辞任では原則株主総会を経ずに本人の申し出だけで登記申請することができます。

辞任の背景を考えると、前もって準備もできず急遽辞任となるケースもあるようです。急な対応であれば登記申請においても手間や費用をできるだけかけずに申請したいという方も多いのではないでしょうか。

本記事では「法務局に行かずに自分で」役員辞任の登記を申請する便利な方法を紹介します。

従来は「司法書士に依頼」「自力で書類作成」の2つの方法

これまで、役員辞任の登記を申請する場合、おもに2つの方法がありました。

方法①司法書士に依頼する

司法書士に報酬を支払い、書類作成や必要書類の準備、申請までを代理してもらう方法です。

司法書士に支払う数万円の報酬と、申請内容についての打ち合わせなどの時間が発生する場合がありますが、作業はすべてお任せできるので最も手間がかからない方法です。

役員辞任の場合、申請書類以外に必要なのは原則辞任届のみです。ただし、辞任により役員の定数を満たせない場合、同時に後任の役員の就任が発生するため、株主総会議事録や株主リスト、就任承諾書などの書類が必要になります。司法書士への依頼であれば、これら事情を伝えれば申請書から必要な書類まで準備してもらうことができます。
(その他に、司法書士に依頼するための委任状も必要です)

基本的な作業はすべて司法書士にお任せできますが、申請完了までの間に以下の手続きや作業が必要になる場合があります。

  • どの司法書士に依頼するか選定や見積もり依頼の時間
  • 変更内容について説明する打ち合わせの時間
  • 必要書類に押印する時間


方法②自力で申請書類を作成して申請する

書籍や法務局のWebサイトの情報を参考に自分で申請書類、必要書類を作成して申請する方法です。

作成後は法務局に郵送して申請も可能ですが、記載内容や書類に修正が発生する可能性を考慮して法務局に持参し、窓口で不備がないか確認してから申請することもできます。

役員辞任では、会社の登記申請書類の他には原則辞任届のみなので、辞任のみの登記申請であれば自力で申請するハードルは比較的低いでしょう。

ただし、役員の状況によっては同時に後任の就任が必要になる場合があります。役員の定数を把握した上で適切な役員変更の手続きをする場合は書類に不備がないか十分な注意が必要です。

どちらにしても自力で申請書類を作成するにはそれなりの時間と手間、事前の学習コストがかかります。書類を何度か作り直したり、そのたびに押印し直すなどの手間を考えると、よほど慣れている方や、頻度が多く自力で作成する費用対効果が高い方以外にとっては現実的ではない場合もあります。

新たに「ネットサービスを使って自分で書類作成する」方法が登場

登記申請は長らく上記2つの方法が主流でした。

そこに近年、新たに登場したのが「ネットサービスを利用して申請書類を作成する」方法です。

Webサイトから会員登録し、申請する登記を選んで変更したい情報を入力すると必要な書類を自動作成してくれるサービスです。あとは印刷して押印・印紙を貼るだけで申請ができます。

この方法にはいくつかのメリットがあります。

費用が安い

司法書士に依頼するのに比べると費用を抑えて申請書類が作成できる

時間は最短

司法書士に依頼するとしても、選定や見積もり、依頼後に申請内容についての打ち合わせが発生する可能性がある。ネット上のサービスであれば自分の作業時間だけで作成できるので、時間が空いたときや夜間に作成も可能。自力で申請するのと比べても格段に時間を短縮できる。

オプションサービスが充実

このようなサービスでは申請の手間を軽減することに特化しているため、自分で印刷する手間を省いたり、収入印紙をセットで購入できるなどのオプションサービスが充実している場合がある

このようなサービスを利用することで、途中で入力する情報について悩んだり、確認のために作業を中断することも少なく、ミス無く確実に登記申請ができます。

AI-CON登記

AI-CON登記なら、取締役や監査役の変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のAI-CON登記なら、変更したい役員の情報を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

役員変更の他に、商号変更、目的変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修 AI-CON登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

AI-CON登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
AI-CON登記はこちら(登録無料)

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る