法人の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の取り方と必要なものを解説

商業登記の基礎知識
投稿日:2024.06.18
法人の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の取り方と必要なものを解説

会社や法人を起業し設立登記すると登記簿謄本(履歴事項全部証明書)に情報が記載され、誰でも取得・閲覧できるようになります。

法人の登記簿は「会社謄本」とも呼ばれ、取引開始時の与信チェックや銀行など金融機関の審査など、ビジネスにおけるさまざまな用途で活用される制度です。会社設立後は、さまざまな手続きで登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の提出を求められる機会があります。

なお、登記簿謄本という名前は昔の名残で現在も使用されていますが、現在は「登記事項証明書」がそれに該当します。ただし、実務上は「会社の登記簿謄本」「商業登記簿謄本」という場合「履歴事項全部証明書」のことを指すケースが多く、両者に違いはありません。まずは「登記簿謄本=履歴事項全部証明書」と覚えておきましょう。また、まれに「全部履歴事項証明書」と呼ぶこともありますが、これも同じ書類になります。

本記事では、会社や法人の登記簿謄本(会社謄本)を取得・請求する方法について紹介します。

法務局に行かずに変更登記するならGVA 法人登記

期間限定、GVA 法人登記で利用できる1,000円分の割引クーポンを配布中!
【クーポン利用手順】
GVA 法人登記サービスの会員登録(無料)
②会員登録後、書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。

\Webでカンタン自分で変更登記/

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)とは?

会社の登記簿謄本は「商業登記簿謄本」「法人登記簿謄本」とも呼ばれます。登記簿謄本を扱う機会の多いシーンでは略称として「謄本」「会社謄本」と呼ぶこともあります。一般的によく利用されるのは「履歴事項全部証明書」ですが、用途によっては、登記情報のうち現在の情報を対象とした「現在事項証明書」や、会社の代表者を証明するための「代表者事項証明」、過去の登記内容を対象とした「閉鎖事項証明書」といった書類が用いられることもあります。また、表示される登記情報の対象により「全部事項証明書」「一部事項証明書」などの違いがあります。

履歴事項全部証明書の記載内容や利用目的については以下のページでも詳しく紹介していますのでご参考ください。
関連記事:履歴事項全部証明書とは?記載内容や利用目的を解説

履歴事項全部証明書の「写し」と「コピー」の違い

従来呼ばれていた「登記簿謄本」の「謄本」はこれ自体が「写し(コピー)」という意味です。登記簿謄本 = 登記簿の写し、ということです。現在の「履歴事項全部証明書」は、コンピュータに保存されている登記事項データをプリントアウトしたものです。 ですので「登記簿謄本や履歴事項全部証明書の写しを提出してください」と言われたときは、取得した履歴事項全部証明書をコピーして提出する、ということになります。

会社・法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)は誰でも取得・請求できる

表題の通り、会社・法人の登記簿謄本はだれでも取得・請求ができます・
その会社に所属していない人でも調べたい会社の登記情報について知りたいと思ったら取得することが可能です。ですので、取引検討時や競合の調査目的、採用面接などの際に登記簿謄本を確認することもできます。

法務局での会社・法人の履歴事項全部証明書の取得・請求方法

取得方法は大きく3つあります。それぞれ説明していきます。

①法務局の窓口から交付請求して取得する(法務局の窓口に申請書を提出)

基本的に会社・法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)はどこの法務局でも窓口で申請書を提出することで取得できます。
都道府県にいくつか法務局があるので、最寄りの法務局(もしくは出張所)を検索してみてください。
各都道府県の法務局(法務省Webサイト)
請求する際には、交付申請書に必要事項を記載の上、近くの法務局の窓口で提出をします。
法務局に備え付けてありますが、下記法務局のホームページからもダウンロードすることが可能です。初めてだったり、記入項目に不安がある場合は、窓口に行く前に交付請求書の内容や書き方をチェックしておくと安心です。
登記事項証明書(商業・法人登記)・印鑑証明書等の交付請求書の様式
また、法務局によっては証明書発行請求機が置いてある法務局もあるので、発行請求機を利用して会社謄本を請求することもできます。
発行請求機の方が待ち時間が少ないうえに、申請書を書く必要がありません。
証明書発行請求機による登記事項証明書等の請求の流れ(法務省)
操作方法が分からない場合は、法務局の職員に確認をしてみてください。
※次章以降で、法務局の窓口で請求する具体的な流れを紹介します。

②登記事項証明書交付申請書を法務局に郵送して取得する

上記の交付申請書をダウンロードし、必要事項を記載の上、必要な手数料額の収入印紙を貼り付けて最寄りの法務局に送ります。
郵送する際には、「申請書交付在中」と封筒に書き、上記申請書と返信先住所を記載した返信用封筒を同封します。
数日後に法務局より郵送されてきます。

③会社・法人の履歴事項全部証明書をオンラインで(ネットから)請求する

会社・法人の履歴事項全部証明書は法務局の窓口や郵送での請求以外に登記・供託オンライン申請システム(登記ねっと)や申請用総合ソフトからオンライン請求も可能です。
その他、GVA 登記簿取得などのサービスを利用すれば必要最小限の入力でスマホやPCから24時間いつでもどこでも登記簿謄本をオンライン請求することができるので大変お勧めです。オンライン上で会社の登記簿謄本を請求した場合は、指定した法務局の窓口で交付を受けることができる他、指定した送付先に郵送請求することも可能です。
郵送の場合にもこちらから返信用封筒などを送る必要もありません。オンライン上で郵送請求をした場合は、到着まで2、3日ほどかかりますが、窓口よりも手数料が安いため、急いでない場合や取得する機会の多い方にはおすすめの方法です。なお、手数料はインターネットバンキングから納付します。

会社・法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得に必要な書類

取得にあたって用意が必要なものは以下のとおりです。

  • 登記事項証明書交付申請書
  • 印鑑カード
  • 住所を記載した返信用封筒
  • 取得手数料

取得手数料についての詳細は、以下に解説しています。

会社・法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の取得手数料

会社の登記事項証明書を取得する際の手数料は下記の通りです(令和2年3月16日現在)。

  • 法務局の窓口で登記事項証明書の交付を請求する場合:600円
  • オンラインで請求し、証明書を郵送にて受け取る場合:500円
  • オンラインで請求し、証明書を法務局で受け取る場合:480円

※全て1通の発行手数料
オンラインを使わない窓口請求や郵送請求は600円と固定ですが、オンラインでの請求の場合は、法務局での受け取りか、郵送で送ってもらうかによって若干費用が異なるので注意しましょう。

会社・法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を取得できる日時

法務局は平日の8:30〜17:15のみ窓口が開いています。(土日祝日及び年末年始はお休み)
この時間帯は、窓口交付であればすぐに取得を申請し、交付を受けることが可能なので、急いでいるときは窓口交付がおすすめです。
なお、上記で紹介した、法務局に交付申請書を郵送する場合や、オンラインでの交付請求の場合、請求の依頼はいつでも可能ですが、法務局での証明書発行は窓口対応時間内になります。法務局に行く必要はあありませんが、いつ交付されるかの把握が難しいため、時間に余裕がある場合に利用するのがおすすめです。

法務局の窓口で会社謄本(履歴事項全部証明書)の取り方と流れ

法務局の窓口で会社の登記簿(履歴事項全部証明書)を交付請求する場合について手順を紹介します。
①最寄りの管轄法務局の証明書発行窓口があるフロアに行きます。
②下記記載例のように、備え付けの交付申請書に請求する会社情報を記載し、「履歴事項証明書」のところにチェックを入れて、請求通数を記載します。


③所定の手数料(1通なら600円)の印紙を購入し、申請書の収入印紙欄に貼り付けます。
※各法務局に印紙売り場があるので、事前に用意してもいいですが、請求する直前に購入することも可能です。

④印紙を貼ったら窓口に提出しましょう。提出後その場で交付を受けることが可能です。

【最短7分5000円~】法人の変更登記の必要書類をカンタン作成できます

法人の変更登記は、手続きごとに必要書類が異なるため、どの申請に何の書類が必要なのかを探すだけでも多くの時間が取られてしまいます。GVA 法人登記なら、変更情報を入力するだけで最短7分・5000円から、オンラインで変更登記に必要な書類の作成ができます。

GVA 法人登記は、株式、合同、有限会社の役員変更や本店移転登記など、10種類以上の変更登記に対応しており、複数の書類作成も可能です。



GVA 法人登記が対応している登記種類

・本店移転(管轄内移転・管轄外移転)
・役員変更(新任、辞任、重任、退任)
・役員の住所変更
・募集株式の発行
・商号変更
・目的変更
・株式分割
・剰余金等の資本組入れ
・ストックオプション

各登記種類の料金は、以下で説明しています。

\ 最短7分5000円~必要書類を作成 /





ステップに沿って入力するだけで必要書類の作成ができます

登記書類を作成する為には、現在の登記情報を確認し正確に入力する必要があります。

本来であれば、法務局にて有料で書類を取得し確認する必要がありますが、GVA 法人登記の、「登記情報自動反映サービス」をご利用いただきますと、システム内で現在の登記情報を無料で取得し、会社基本情報が書類作成画面に自動反映されます。登記知識のない方でもステップに沿って変更情報を入力するだけで簡単に登記書類の作成ができます。



GVA 法人登記で作成できる変更登記書類(例)

・登記申請書
・株主総会議事録
・株主リスト
・印鑑届出書
・就任承諾書(役員就任・重任)
・辞任届(役員辞任)
・準備金・剰余金の額に関する証明書(剰余金の資本組み入れ)
・総社員の同意書(合同会社)
・業務執行社員の同意書(合同会社)

さらにGVA 法人登記で登記書類を作成していただいた方全員に「登記申請手続きマニュアル」をお渡ししております。作成した登記書類の製版方法や、押印する場所についてすべてまとめておりますので、流れの通りに進めるだけで手続きを終えることができます。

オプションのかんたん郵送パックを利用すれば、書類作成後、押印し郵送するだけで登記申請ができるため、法務局に行かずに登記申請が可能です。仕事が忙しく法務局に行く時間がない方や、効率的に手続きを進めたい方におすすめです。

【期間限定】1,000円OFFクーポン配布中!

クーポン利用手順

GVA 法人登記の会員登録(無料)
②購入前のクーポンコード入力画面で【 Ug3JNAS7sB 】を入力





\Webでカンタン自分で変更登記/


【本記事の内容は動画でも解説しています】

執筆者

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。

GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る