支店設置の登記申請方法と費用、必要書類を解説

商業登記の基礎知識
投稿日:2024.02.20
支店設置の登記について解説します

会社を設立する際には、必ず本店を設置しなければなりません。それに加えて、本店以外に支店を設置する場合もありますがその際に登記申請が必要になる場合があることをご存知でしょうか?
本記事では、支店を設置する際の手続きや支店登記を自分で申請する方法、費用や必要書類について解説します。
※支店の所在地における登記は2022年9月1日以降廃止されましたが、本記事では廃止以前の手続きについても解説しています。

法務局に行かずに変更登記するならGVA 法人登記

期間限定、GVA 法人登記で利用できる1,000円分の割引クーポンを配布中!
【クーポン利用手順】
GVA 法人登記サービスの会員登録(無料)
②会員登録後、書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。

\Webでカンタン自分で変更登記/

支店を設置した際の登記手続き

2022年8月31日以前は、本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が違う場合、支店の所在地における登記が必要でしたが、2022年9月1日以降廃止されました。ただし、本店所在地における支店所在場所の登記申請は引き続き必要です。


支店設置の手順と手続き

新たに支店を設置する場合、取締役会を設置している会社では取締役会の決議によって設置します。また、取締役会を設置していない会社では、取締役の過半数の賛成によって設置します。


したがって、新たに支店を設置する場合には、まず取締役会を開催するか、あるいは取締役の過半数で、「支店設置の件」について決定する必要があります。なお、株主総会の決議は必要ありません。


その後、本店所在地においては、2週間以内に支店設置の登記申請をし、支店所在地においては、3週間以内に登記申請をすることとされています。


支店登記簿とは

登記がされると、本店所在地の管轄法務局では、本店の登記記録が作成されます。これを一般に「本店登記簿」といいます。本店登記簿には、商号、本店、会社成立の年月日、目的、資本金の額、役員、支店等が記録されています。


また、支店所在地の管轄法務局が本店所在地の管轄法務局と違う場合、支店の登記記録が作成されます。これを一般に「支店登記簿」といいます。支店登記簿には、商号、本店、会社成立の年月日、支店等が記録されています。


なお、本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が同じ場合、「支店登記簿」は作成されません。


支店登記の必要書類 ①本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が同じ場合

本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が同じ場合、支店登記簿は存在せず、本店登記簿の記載を変更するだけとなります。


登記申請に必要な書類等は、以下のとおりです。


  • 支店設置登記申請書
  • 登録免許税(支店1か所につき60,000円)
  • 取締役会議事録(又は取締役の過半数の一致を証する書面)
  • 委任状(代理人に委任した場合のみ)

支店登記の必要書類 ②本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が違う場合

本店所在地の管轄法務局と支店所在地の管轄法務局が違う場合、本店所在地の管轄法務局に本店所在地における登記申請と支店所在地における登記申請を一括して、本店所在地の管轄法務局に申請する「本支店一括申請」をお勧めします。


「本支店一括申請」をしない場合は、本店所在地における登記申請を行った後に、支店所在地における登記申請を行うこととなり、時間と費用が増えます。


登記申請(本支店一括申請の場合)に必要な書類等は、以下のとおりです。


  • 支店設置登記申請書
  • 登録免許税(支店1か所につき本店所在地分60,000円+支店所在地分9,000円)
  • 登記手数料(法務局1か所につき300円)
  • 取締役会議事録(又は取締役の過半数の一致を証する書面)
  • 委任状(代理人に委任した場合のみ)

令和4年9月1日以降に支店を設置する場合の注意点

なお、上記②の登記手続きは、令和4年8月31日までです。翌9月1日からは、会社法の改正により、支店登記簿が廃止されます。なお、本店所在地における支店の登記が不要になったわけではありません。

したがって、支店の設置を検討している会社で、どうしても令和4年8月31日以前に支店を設置しなければならない事情がある場合を除き、9月1日以降に設置した方が、費用も手間も大幅に省くことができるということになります。

支店登記にかかる費用

支店登記の費用として確実に必要になるのが上記①と②に記載の登録免許税(支店1か所につき60,000円)です。これは自分で書類を作成して申請する場合でも、司法書士など専門家に依頼する場合でもかかります。他にかかる費用としては、自分で書類を作成して申請するなら法務局への交通費程度ですが、書類の作成〜申請までを専門家に依頼する場合は数万円程度の報酬がかかります。

まとめ

支店設置の登記には、最低でも登録免許税60,000円が必要です。また、司法書士に手続きを依頼すれば、さらに費用がかかります。急いで支店を設置する必要がない会社は、令和4年9月1日以降に行うことで、費用、手間を大幅に省くことができます。

【最短7分5000円~】法人の変更登記の必要書類をカンタン作成できます

法人の変更登記は、手続きごとに必要書類が異なるため、どの申請に何の書類が必要なのかを探すだけでも多くの時間が取られてしまいます。GVA 法人登記なら、変更情報を入力するだけで最短7分・5000円から、オンラインで変更登記に必要な書類の作成ができます。

GVA 法人登記は、株式、合同、有限会社の役員変更や本店移転登記など、10種類以上の変更登記に対応しており、複数の書類作成も可能です。



GVA 法人登記が対応している登記種類

・本店移転(管轄内移転・管轄外移転)
・役員変更(新任、辞任、重任、退任)
・役員の住所変更
・募集株式の発行
・商号変更
・目的変更
・株式分割
・剰余金等の資本組入れ
・ストックオプション

各登記種類の料金は、以下で説明しています。

\ 最短7分5000円~必要書類を作成 /





ステップに沿って入力するだけで必要書類の作成ができます

登記書類を作成する為には、現在の登記情報を確認し正確に入力する必要があります。

本来であれば、法務局にて有料で書類を取得し確認する必要がありますが、GVA 法人登記の、「登記情報自動反映サービス」をご利用いただきますと、システム内で現在の登記情報を無料で取得し、会社基本情報が書類作成画面に自動反映されます。登記知識のない方でもステップに沿って変更情報を入力するだけで簡単に登記書類の作成ができます。



GVA 法人登記で作成できる変更登記書類(例)

・登記申請書
・株主総会議事録
・株主リスト
・印鑑届出書
・就任承諾書(役員就任・重任)
・辞任届(役員辞任)
・準備金・剰余金の額に関する証明書(剰余金の資本組み入れ)
・総社員の同意書(合同会社)
・業務執行社員の同意書(合同会社)

さらにGVA 法人登記で登記書類を作成していただいた方全員に「登記申請手続きマニュアル」をお渡ししております。作成した登記書類の製版方法や、押印する場所についてすべてまとめておりますので、流れの通りに進めるだけで手続きを終えることができます。

オプションのかんたん郵送パックを利用すれば、書類作成後、押印し郵送するだけで登記申請ができるため、法務局に行かずに登記申請が可能です。仕事が忙しく法務局に行く時間がない方や、効率的に手続きを進めたい方におすすめです。

【期間限定】1,000円OFFクーポン配布中!

クーポン利用手順

GVA 法人登記の会員登録(無料)
②購入前のクーポンコード入力画面で【 Ug3JNAS7sB 】を入力





\Webでカンタン自分で変更登記/

執筆者

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。

GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る