会社変更登記(商業登記)の申請期限や申請に必要な日数について

商業登記の基礎知識
投稿日:2020.10.02
会社変更登記(商業登記)の申請期限や申請に必要な日数について

この記事をご覧になっている方の中には、変更登記申請期限が迫っている方や、申請に必要な日数を調べられている方が多いと思います。知らない方も多い変更登記の申請期限ですが、守らないと罰則を受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

この記事では会社変更登記(商業登記)の申請期限や申請に必要な日数について説明していますので、これから変更登記申請を控えている方は参考にしてください。急いで書類作成が必要な場合は、GVA 法人登記のご利用も併せてご検討ください。

【期間限定】GVA 法人登記の割引クーポン配布中

GVA 法人登記は、本店移転や役員変更など10種類以上の法人変更登記申請に対応したオンラインサービスです。必要な情報を入力することで最短7分で書類を自動作成。法務局に行かずに申請できる郵送申請もサポートしています。

ただいま期間限定で使える1,000円割引クーポンを配布中です。
会員登録後、書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら)

会社の登記事項に変更が生じた際には変更登記申請が必要

商号(社名)、本店所在地、代表取締役の住所、役員(取締役・監査役)、事業目的、株式数、資本金など会社の登記事項に変更が生じた際には変更登記申請が必要です。変更登記申請は好きなタイミングで申請すれば良いというものではなく、会社法により期限が設けられていますので期限内に申請する必要があるので注意が必要です。

登記事項に変更が生じたら2週間以内に変更登記申請をする

会社の登記事項に変更が生じた際には、原則2週間以内に変更登記をしなければならないと会社法により定められています(会社法第915条第1項)。2週間の期限を過ぎてから申請をした場合でも書類に不備などが無ければ受理されますが「登記懈怠(とうきけたい)」となり代表者個人が100万円以下の過料の制裁を受ける可能性がありますのでご注意下さい(会社法第976条1号)。


変更登記申請方法は主に3通りの方法があります

会社の変更登記申請には主に1.司法書士に依頼する、2.自分で書類を作成し申請する、3.オンラインサービスを利用する、の3つの申請方法があります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、今の状況に合った申請方法を選ぶ必要があります。

1.司法書士に依頼する方法

司法書士に依頼する場合は専門家に任せられるので安心できるメリットがあります。ただし場合によっては申請までに数日かかる可能性があるのと、専門家報酬(手数料)の支払いが必要ですので、登記期限日までに余裕があり専門家報酬(手数料)の支払いが可能な場合に選択する方法となります。

2.自分で書類を作成し申請する方法

次に自分で書類の作成から申請までを済ませる方法があります。書類作成から申請までに費用が掛からないメリットがありますが、不備なく書類を作成し準備する必要があります。登記の知識がある方には選択肢の1つとなりますが、登記の知識がない人や期限までに時間のない場合は選択しにくい方法となります。

3.webサービスを利用する

期限までに時間がない場合や、費用を抑えて変更登記申請をしたい場合に一番お勧めの方法です。司法書士に依頼する場合や自分で書類を作成する場合は数日を要する可能性がありますが、オンラインサービスを利用することで当日に書類の作成から申請までを済ませることも可能です(申請自体は書類作成をした本人が法務局へする必要があります。)。

GVA 法人登記なら最短7分で登記申請書類を作成できます

弊社が運用しているGVA 法人登記は、登記の知識がない方でも最短7分で変更登記に必要な書類が自動作成できるサービスです。会社の基本情報を自動アップロードし、あとは変更情報を入力することで簡単に書類を作成することができます。当日中に変更登記申請をすることも可能ですので、申請期限までに時間のない方や費用を抑えて登記申請をしたい方はご利用下さい。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

まとめ

今回は変更登記申請期限と申請までに掛かる日数について説明させて頂きました。司法書士に依頼する場合や自分で書類を作成する場合でも、場合により当日申請することも可能です。今の状況に合った方法を選択して頂ければと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。 GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る