公共事業などへ協力することによる本店移転(オフィス移転)

本店移転
本店移転

まずはじめに

この記事をお読みの方は、現在会社の本店移転(オフィス移転)を見当されているかもしれません。オフィス移転の理由として多いのが「従業員の増員に伴うオフィスフロア拡大」ですが、中には社内の事象以外を理由としたオフィス移転もあります。

今回は意外とあり得る理由として、公共事業などへ協力することによる本店移転の例をご紹介します。

公共事業とはそもそも何?

「公共事業とは、中央政府や地方公共団体が、市場によっては適切な量の供給が望みにくい財・サービスを提供する事業のこと。国民生活に役立つように政府・地方政府などが行う事業のことを、公共事業という(Wikipediaより抜粋)」と記載されています。

国民の生活に役立つ公共事業というと、すぐに思い浮かぶのが道路の設備などでしょう。または大きな公共施設の建設なども当てはまります。

公共施設の建設に伴う移転相談

公共施設の建設の計画が立つと、事業区域外への移転を要請されることがあります。移転をするしないは最終的には土地の持ち主の判断次第となりますが、多くの場合は協力し、移転することになります。

公共事業への協力による移転は補償や税金など細かい話になりますので、詳細は国土交通省のホームページなどでご確認下さい。



AI-CON登記




公共事業への協力によるオフィス移転が決まったら

公共事業への協力によるオフィス移転が決まった段階で、すぐに次のオフィスを探し始めましょう。協力の話を打診されてから1ヵ月以内に移転などのような急な話はないと思いますので、ある程度時間に余裕があると思います。

急いで物件を決めたり、自社の事業展開を考慮しない物件探しは、後々問題が発生しますので、今の会社の状態、今後の事業展開に伴う従業員数を十分に考慮し、移転先を選びましょう。

オフィスの移転先が決まったら

オフィスの移転が決まったらスケジュールに基づき社外への通知、社内へ告知をします。オフィス移転に伴う作業は意外と多いので、業務への支障をきたすことのないよう予めスケジュールを立てておきましょう。

オフィス移転後にも必要な手続きがあります

無事オフィス移転が済むと一安心してしまいがちですが、実は移転後に忘れてはいけない大事な手続きがあります。それは本店移転に伴う登記変更の申請です。登記変更には期限があり、その期限を過ぎると罰則(過料)を課せられる可能性がありますので十分にお気をつけ下さい。



AI-CON登記


登記変更申請の期限は起算日から2週間です

本店移転に関わらず、商号変更・役員変更・目的変更・代表取締役の住所変更・株式分割・募集株式の発行など、登記申請が必要な事柄に変更が生じた際は必ず登記変更が必要になります。

登記変更の申請には期限があり、起算日(本店移転の場合は移転日)から2週間となっております。満了日を過ぎてからの申請は登記懈怠(けたい)と呼ばれ、代表者個人に100万円以下の過料を課せられる可能性があります。登記情報はビジネス面でも重要な役割を担っておりますので、移転後は速やかに登記申請をしましょう。

急ぎの登記申請は「AI-CON登記」が便利です

これまでの登記申請方法と言えば、司法書士にお願いするか自分で申請するかの2択でした。しかし、自分で申請する場合は膨大なタスクが発生するため、実際には司法書士に依頼する方がほとんどだと思います。

司法書士は登記申請のプロですので、任せておけば一安心です。ただし一点だけ注意しなければならないのが、「専門家への報酬の支払いが必要」だということです。

前述の通り、登記変更が必要になる事柄は結構多いです。そのたびに報酬を支払っていたら結構な負担になることでしょう。そこで費用を抑えて登記申請が出来るAI-CON登記の出番になります。

AI-CON登記はオンラインで15分で登記申請書類が作成できるサービス

2019年に登場したAI-CON登記サービスはオンライン上で15分で登記申請に必要な書類が作成できるサービスです。司法書士が監修しているので、安心してご利用いただけます。

実際にAI-CON登記のサイトを見てみると、難しいことは一切なく手順に沿って進めるだけで、何が必要か自分で調べる必要がなく、簡単に書類の作成ができます。

「登記取得代行サービス」を利用すれば書類作成時に必要な入力は登記の変更情報のみなので簡単に時間を掛けずに書類を作成することができます。


AI-CON登記


AI-CON登記は導入事例も豊富で保証制度もあり

AI-CON登記サイト上には導入事例も掲載されています。実際に利用した方の生の声も確認できるので、事例を読むだけでも便利なサービスだとわかります。

また、AI-CON登記側の不備で申請が受理されなかった場合は30日間であれば返金に応じてくれますので、安心してお使いいただけます。

移転が済んだら今すぐAI-CON登記で登記申請をしましょう

AI-CON登記のメリット


  • 司法書士監修なので安心して利用できる
  • 安価で書類を作成できる(対応登記全て10,000円(税込)以内)
  • 返金保証制度がある
  • 導入事例が豊富で信頼できる
  • 書類作成に時間が掛からない(急いでいる方は特にオススメ)

AI-CON登記のデメリット


AI-CON登記を利用するデメリットは特になく、唯一株式会社にしか対応していない点がデメリットとして上げれられます。

この記事をお読みの方の会社が合同会社や有限会社、一般社団法人の場合はご利用頂けません。

詳しくはAI-CON登記サイトをご確認下さい

まとめ

今回は公共事業へ協力することによる本店移転(オフィス移転)を題材に記事を書きました。実際に公共事業へ協力する場合は色々な手続きが必要となりますので、しかるべき場所でのご確認をお願いします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。