法務局へ本店移転登記を申請する方法

本店移転
本店移転

はじめに

この記事では本店移転登記を法務局へ申請する方法について説明しています。これからオフィス移転を予定している方や本店移転登記手続きの準備を進めている方は是非参考にして頂ければと思います。

本店移転登記に必要な書類をチェック

せっかく本店移転登記申請を行っても、書類に不備がある場合は受理されず、書類の訂正ややり直しとなってしまう場合があります。二度手間になってしまいますので、事前に本店移転登記申請に必要な書類を確認しておきましょう。管轄内移転か管轄外移転かによって必要な書類が変わりますので、移転後の会社の住所がどの法務局の管轄なのかを事前に確認して下さい。

法務局ホームページ(法務局一覧)

提出書類は以下の通りです。

<管轄内本店移転の場合>

  • 本店移転登記申請書
  • 株主総会議事録(定款変更が必要な場合)
  • 株主リスト(株主総会議事録を添付する場合)
  • 取締役会議事録又は取締役決定書
  • 委任状(代理人に手続きを依頼する場合)

<管轄外本店移転の場合>

  • 本店移転登記申請書(旧法務局提出分)
  • 本店移転登記申請書(新法務局提出分)
  • 株主総会議事録
  • 株主リスト
  • 取締役会議事録又は取締役決定書
  • 委任状(旧法務局提出分)※代理人に手続きを依頼する場合
  • 委任状(新法務局提出分)※代理人に手続きを依頼する場合
  • 印鑑届書



AI-CON登記


本店移転登記の申請は郵送が便利です

それでは本題に入ります。本店移転登記申請は法務局まで行き窓口で申請する方法が一般的ですが、郵送でも申請することができます。法務局は駅から離れていることも多く、法務局まで行くのには手間が掛かりますが、郵送ならお近くのポストへ投函するか、郵便局の窓口で出すことができますので断然便利です。また2020年6月現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で法務局からも郵送での申請を推奨されています。混み合う法務局に行くリスクも避けれますので、郵送での申請をご検討頂ければと思います。

本店移転登記書類の作成から郵送申請までAI-CON登記へお任せ下さい

書類の作成や郵送申請に不安のある方はAI-CON登記へお任せ下さい。AI-CON登記は登記申請書、議事録、株主リストなど本店移転登記申請に必要な書類が10,000円で自動作成できるサービスです。また、書類のダウンロード・印刷も面倒というお客様には、押印だけで済む郵送用封筒セットのオプションもご用意しています。「AI-CON登記」上で作成した書類を、法務局への郵送用封筒と共にお届けします。
登記の知識がない方でも最短15分程で自動作成ができますので、「登記申請の費用は抑えたいけど手間は掛けたくない」という方は、ぜひご利用頂ければと思います。


AI-CON登記


AI-CON登記はこんなサービスです

  • 司法書士監修の安心サービス
  • 900社以上の企業が利用(2020年6月現在)
  • AI-CON登記導入企業のインタビュー掲載中
  • 申請に必要なすべての書類が10,000円(税別)以内で作成できる
  • 登記申請の知識がなくても最短15分程で書類を自動作成
  • 現在の登記情報を無料で取得・反映でき、変更情報の入力だけで書類作成ができる
  • 変更登記申請に必要な株主総会議事録・株主リストも作成できる
  • 郵送申請の準備をサポートする「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本をお手元にお届けする「登記簿謄本郵送オプション」完備
  • 手続きの流れが分かるスケジュール自動作成機能完備
  • ※AI-CON登記は2020年6月現在、株式会社の変更登記のみ対応しております

AI-CON登記はこちら

直接法務局で申請する場合

郵送申請をせずに直接法務局へ行く場合は、移転前の会社の所在地を管轄している法務局(登記所)をご確認下さい。法務局(登記所)へ到着しましたら、インフォメーションに従って登記申請の窓口でお手続き下さい。

まとめ

今回は法務局へ本店移転登記を申請する方法について書かせて頂きました。新型コロナウイルスへの感染リスクがなくまるまでは不要不急の外出を避け、混雑する法務局へ行く必要のない郵送での申請をおすすめします。最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。