法人実印の印鑑カードを取得する為の印鑑カード交付申請書の書き方

本店移転
法人実印の印鑑カードを取得する為の印鑑カード交付申請書の書き方

この記事では法人実印の印鑑カードを取得する為の印鑑カード交付申請書の書き方について解説しています。特に管轄外本店移転(オフィス移転)後は、移転後の地域を管轄している法務局での手続きが必要となりますので、これから印鑑カードを取得する方は参考にしてください。

【期間限定】GVA 法人登記の割引クーポン配布中

GVA 法人登記は、本店移転や役員変更など10種類以上の法人変更登記申請に対応したオンラインサービスです。必要な情報を入力することで最短7分で書類を自動作成。法務局に行かずに申請できる郵送申請もサポートしています。

ただいま期間限定で使える1,000円割引クーポンを配布中です。
会員登録後、書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら)

印鑑カードとは?

印鑑カードとは、法務局に届け出た法人実印の正当な所有者であることを証明するカードで、法人の印鑑証明書を発行する際に必ず必要となります。法人の本店所在地を管轄している法務局に印鑑カード交付申請書を提出することで発行してもらうことができます。

印鑑カードの見本

画像引用:法務省

印鑑届出が済んでいることが大前提

これは当然のことですが、法人の印鑑証明書を取得する為には印鑑届出が済んでいることが大前提となります。法人の印鑑届出は、印鑑届書を法務局に提出しておこないます。

これまでは会社設立時に、法人の実印を法務局に届け出る義務がありましたが(旧商業登記法第20条)、令和3年2月15日からこの印鑑を届け出る義務がなくなりました(旧商業登記法第20条の削除)。義務がなくなると言っても、法人印鑑の印鑑証明書は様々な場面で必要となりますので、届出しておくことをオススメします。

管轄外本店移転をした場合は新たに印鑑届出が必要です

管轄外にオフィスを移転した際に書面にて本店移転登記を申請する場合は、新たなオフィスの住所を管轄している法務局へ印鑑届出をする必要があります。登記申請に合わせて行う必要があり、登記申請書と印鑑届書を一緒に提出します。法人実印の印鑑証明書の取得に備えて、予め印鑑届出を済ませておきましょう。

参考記事:管轄外本店移転登記後の印鑑届に必要な印鑑証明書を取得するには


印鑑届書の見本

画像引用:法務省

印鑑カード交付申請書の書き方

印鑑カードは、管轄の法務局に「印鑑カード交付申請書」を提出すると、無料で発行してもらえます。申請書には法務局に提出している印鑑を押印する必要がありますので、申請書の作成時には準備しておきましょう。

記載内容は、法人の「商号・名称」「本店・主たる事務所(住所)」「印鑑提出者」「会社法人等番号」などで、登記所に提出した印鑑の押印欄に押印をします。

印鑑カード交付申請書の見本

画像引用:法務省

印鑑証明書の取得方法

印鑑証明書の取得方法は、「法務局の窓口で申請」「証明書発行請求機で取得」「郵便で申請」「オンラインで申請」の4つの方法がありますので、自分に合った方法で取得してください。オンラインで申請する場合は、商業登記電子証明書などが必要となります。

本店移転などの変更登記申請ならオンラインサービスのGVA 法人登記が便利です


法人の変更登記申請なら、オンラインサービスのGVA 法人登記が便利です。GVA 法人登記では、本店移転や役員変更の変更情報を入力することで最短7分で変更登記申請に必要な書類が作成でき、法務局に行かずに申請できる郵送申請や登録免許税の納付に必要な収入印紙も同時に購入いただけます。

専門家に依頼する場合に比べ、リーズナブルな価格(¥10000)で書類が作成できますので、ぜひこの機会にGVA 法人登記をご利用ください。

GVA 法人登記はこちら
GVA 法人登記ご利用企業の声はこちら

司法書士監修GVA 法人登記の特徴

  • 10種類以上の変更登記に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • 法務局に行かずに申請できる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

さいごに

今回は、法人の印鑑証明書を発行する際に必要な、印鑑カード交付申請書の書き方についての解説でした。特に本店移転後は印鑑届の提出を忘れることが多いので、忘れずに提出をおこないましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る