管轄外へ本店移転登記をした場合は新たに印鑑届出が必要です

本店移転
本店移転

はじめに

この記事では管轄外へ本店移転をする際の印鑑届出について説明しています。これから管轄外本店移転を控えている方、それに伴う本店移転登記を控えている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。また、管轄外本店移転についても説明しております。

管轄内本店移転か管轄外本店移転かを事前に把握する

本店移転は「管轄内本店移転」と「管轄外本店移転」に分かれ、本店移転登記申請時に必要な書類や費用などが変わってきます。ここを理解していないと後々の本店移転登記申請でつまづいてしまう可能性があります。これから本店移転を控えている方は、移転先が管轄内なのか管轄外なのかを必ず把握して下さい。

管轄内と管轄外の判断方法は?

印鑑届出の説明の前に、管轄内本店移転と管轄外本店移転について説明します。移転前の現在の本店住所を管轄している法務局(現在の法務局)の管轄地域内へ移転することを管轄内本店移転と呼び、他の法務局の管轄地域への移転を管轄外本店移転と呼びます。

例えば現在の本店住所が東京都渋谷区であった場合は、管轄法務局は「東京法務局渋谷出張所」となり管轄地域は渋谷区、目黒区となります。この場合、移転先が渋谷区または目黒区内である場合は管轄内本店移転、それ以外の地域の場合は管轄外本店移転となります。移転先が管轄内か管轄外かは必ず事前に確認しておきましょう。

各法務局管轄地域はこちらからご確認頂けます
法務局ホームページ


AI-CON登記



管轄外本店移転の際には新たに印鑑届が必要です

この記事の本題に入りますが、管轄外本店移転により管轄法務局が変更になった場合は新たに印鑑登録が必要となりますので、本店移転登記申請の際に印鑑届書を合わせてご提出下さい。なお、管轄内本店移転の場合は管轄法務局の変更がありませんので、新たな印鑑登録の必要はなく、現在の印鑑カードを継続して使用することができます。

管轄外本店移転登記に必要な提出書類の確認

管轄内本店移転と管轄外本店移転では提出する書類や登録免許税に違いがありますので事前にご確認下さい。

管轄外本店移転登記に必要な書類

  • 本店移転登記申請書(旧所在地管轄法務局分)
  • 本店移転登記申請書(新所在地管轄法務局分)
  • 株主総会議事録
  • 株主リスト
  • 取締役会議事録又は取締役決定書
  • 印鑑届書


提出書類の詳細についてはこちらの記事でご確認頂けます
管轄外へ本店移転をする際の定款変更と本店移転登記

管轄外本店移転登記申請時の登録免許税について

管轄外本店移転登記申請の際には、旧所在地分と新所在地分の本店移転登記申請書の提出が必要となり、それぞれに登録免許税額分(30,000円)の収入印紙を貼付する必要があります。従って管轄内本店移転登記申請時の登録免許税は30,000円、管轄外本店移転登記申請時の登録免許税は60,000円となります。


AI-CON登記


簡単に本店移転登記申請を済ませたいならAI-CON登記

ここまで本店移転登記申請について説明してきましたが、難しすぎてわからない…という方はAI-CON登記をご利用頂ければと思います。AI-CON登記は登記の知識が無くても最短15分程で変更登記書類が作成できるオンラインサービスです。司法書士に依頼する場合と比べ価格も安くなっていますので、簡単に登記申請書類を作成したい、費用を抑えて登記申請書類を作成したいという方は、ぜひAI-CON登記をご利用頂ければと思います。

AI-CON登記はこんなサービスです

  • 司法書士監修のサービス
  • 変更登記申請に必要な書類が10,000円(税別)以内で作成可
  • 登記申請の知識が無くても最短15分程で書類が作成可
  • 現在の登記情報を無料で取得・反映でき、変更情報の入力だけで書類作成完了
  • 変更登記申請に必要な株主総会議事録・株主リストも作成可
  • 郵送申請をサポートする「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本をお手元にお届けする「登記簿謄本郵送オプション」完備
  • 手続きの流れが分かるスケジュール自動作成機能完備


現在対応している登記はこちらです

  • 本店移転
  • 代表取締役の住所変更
  • 役員変更
  • 商号変更
  • 目的変更
  • 株式分割
  • 募集株式の発行
  • ストックオプション

※2020年6月現在、株式会社の変更登記にのみ対応しております

AI-CON登記はこちら(登録無料)

さいごに


管轄内本店移転・管轄外本店移転の際の印鑑届出の有無について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分で変更登記申請の書類作成から申請までをする場合は、提出書類に不備が無いようお気をつけ下さい。最後までお読み頂きありがとうございました。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る