商号変更(社名変更)とは?変更例から手続き、登記申請方法を解説

商号変更 投稿日:2020.09.07

商号変更(社名変更)とは?変更例から手続き、登記申請方法を解説

商号変更(社名変更)は社内外に大きな影響を与える変更です。新しい社名を思いつくきっかけは些細なものであっても、株主総会や登記申請はもちろん、Webサイトや名刺の変更などさまざまな手続きが必要です。

本記事では商号変更の際の基礎知識や検討方法、変更に必要な手続きまで解説しています。

その中でも重要で手間のかかる登記申請について、インターネット上のサービスを利用して手間をかけずに申請する方法も紹介していますのでご参考ください。

期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力することで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。

ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。
会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら

商号変更とは?社名変更との違い

商号変更という言葉を聞きなれない方もいると思いますが、「商号変更=社名変更」となります。一般的には社名変更と呼ぶことの方が多いですが、登記上は商号となっていますので、社名を変更した際の変更登記のことを「商号変更」と呼ぶことを覚えておいて下さい。

商号変更の基礎知識と規則、守らなければいけないルールとは

社名は会社の業績を左右する大切な要素です。同じ事業を営んでいても、社名一つで業績が大きく変わることもあります。社名の変更を検討している場合は、その社名変更が本当に必要なのかを十分に考えて下さい。社名変更が必要だと判断した場合は新たな社名を考えましょう。

社名変更の際には守らなければいけないルールがあります。せっかく考えた社名が使用不可だと無駄になってしまいますので、予め基礎知識を理解した上で新たな社名を考えましょう。


GVA 法人登記


商号変更(社名変更)に伴うリスクを考慮する

商号変更


新たな会社の展開や事業展開に伴う商号変更(社名変更)ですが、メリットがある反面、下記のようなリスクも伴います。

  • ゼロから社名を覚えてもらい直す必要がある
  • 旧社名の記載があるものを全て作り直し
  • 費用が掛かる
  • イメージの変化による顧客への悪影響


商号変更(社名変更)の際にはメリットばかりに目を向けずに、変更に伴うリスクもしっかりと考慮しましょう。リスクの方が高いと判断した場合は、商号変更(社名変更)を取りやめるのも一つの判断となります。

商号変更の理由と目的

商号変更


商号変更(社名変更)を決断するには様々な状況がありますが、一般的には下記の様な理由が多いです。

  • 社名を知名度の高いサービス名やブランド名と統合する
  • 会社の合併や分社化による商号変更(社名変更)
  • 新規事業に伴う商号変更(社名変更)
  • 新ブランド確立に伴う商号変更(社名変更)
  • 覚えやすい社名への変更


このような商号変更(社名変更)の目的はどれも「業績アップ」を目的としています。明確な目的があれば問題ないのですが、例えば「カッコいい社名にしたい」など、目的が不明確な商号変更は危険です。しっかりとした理由と目的を掲げた上で、会社にとってメリットのある商号変更(社名変更)を目指しましょう。



GVA 法人登記

集客や業績アップ意識した商号変更

商号変更


商号変更(社名変更)を検討する一番の理由は、現状よりも多くの集客や業績アップの為です。現在の集客の中心と言えばやはりインターネットでしょう。インターネットでの集客をメインに考える場合は、「以下に検索されるか」が重要になります。

集客の経路はどこからか、どのように業績アップを試みるかによっても新しい社名の付け方が変わってきます。商号変更後に失敗したことに気づいても遅いので、予め綿密な計画を立てた上で商号変更(社名変更)を検討しましょう。

社名をブランド名・サービス名に統一する

自社サービスや自社ブランドを展開していると、場合によっては社名よりもサービス名・ブランド名の方が世間に浸透する場合があります。実際に社名を自社のサービス名・ブランド名に変更し、大成功している企業が多く存在します。

社名をサービス名・ブランド名に統一することでお客様に覚えてもらいやすくなり、業務上の相手先にも覚えてもらいやすくなるメリットがあります。もちろんサービス名やブランド名をそこまで浸透させるには時間が必要ですが、統一することにメリットがあると判断した場合は積極的に検討しましょう。下記の関連記事に実際に社名を統一した例が記載してありますので、興味のある方はご確認下さい。



GVA 法人登記

商号変更をして成功した有名企業

商号変更


皆さんが良く知っている企業の中には、商号変更を行い成功した企業があります。下記はその中の一例です。

(旧社名)株式会社早川金属工業研究所 → (新社名)シャープ株式会社
(旧社名)松下電器産業株式会社 → (新社名)パナソニック株式会社
(旧社名)有限会社春日無線電機商会 → (新社名)株式会社ケンウッド
(旧社名)日本警備保障株式会社 → (新社名)セコム株式会社

旧社名を見ると、元々こんな名前の会社だったんだ…。と思いますよね。この他にも多くの企業が商号変更を経て大企業に成長しています。その他の企業は下記の関連記事でご確認下さい。もちろん、一度の社名変更で新社名になっているのではなく、何度か変更した上で、今の新社名になっている企業もあります。

商号変更の際ひらがな・カタカナ・アルファベットどれが良いか?

商号変更


商号には、ひらがな、カタカナ及び漢字の日本文字の他アルファベット・アラビア数字・一部の記号の使用が認められていますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。例えば海外進出を考慮するなら海外の人にも覚えてもらいやすい「アルファベット」、子供向きの事業を展開するなら子供が覚えやすい「ひらがな」など、営む事業によっても変わってきますので、自社のイメージに合ったものを選ぶと良いでしょう。

話が少しそれますが、昔はアルファベットやアラビア数字の仕様が認められておらず、「カタカナ」で登記している会社が多くありました。例えばTDK株式会社などは昔は「ティーディーケイ株式会社」で登記されていました。



GVA 法人登記

商号変更登記申請の準備と3つの申請方法

商号変更


実際に商号の変更が決定した場合は、定款の変更と商号変更登記申請が必要になります。定款を変更する為には株主総会を開催する必要があります。株主総会で商号変更による定款の変更が議決された際には株主総会議事録を必ず作成して下さい。株主総会議事録は商号変更登記申請の際に必ず必要になります。

株主総会議事録を作成したら、次に商号変更登記の申請をします。商号変更登記の申請には一般的には下記の3つの方法があります。

  • 自分で変更登記申請
  • 司法書士に依頼する
  • オンラインサービスを利用する


自分で変更登記申請をする場合はコストが掛からないというメリットがありますが、非常に手間が掛かります。特に登記の知識が全く無いという方は非常に厳しいと思います。また、登記の知識を身に着けても会社の事業には役に立ちませんので、あまりおすすめできません。

司法書士に依頼する場合は全て丸投げできるというメリットがあります。ただし、場合によっては対面での打ち合わせなどが必要な場合があります。また、司法書士に依頼する場合は報酬の支払いが発生します。商号変更登記申請を依頼した場合は一般的に数万円程度の報酬の支払いが発生するようです。

なるべくコストを抑えたい場合は、オンラインサービスの利用をおすすめします。

自分で登記申請するのは大変だし、司法書士に依頼するのはコストが高いという方は、オンラインサービスの利用をおすすめします。2019年にサービスを開始したGVA 法人登記は、最短15分程で変更登記書類が作成できるサービスです。これまでは「登記=オンライン」というイメージがありませんでしたが、最近利用者が急増しているサービスですので、コストを抑えて登記申請をしたい方はぜひご確認下さい。

GVA 法人登記サイトはこちら

商号変更における登録免許税

商号変更


変更登記申請時は登録免許税の支払いが必要となり、申請方法に関わらず同じ額の支払いが発生します。商号変更登記申請時は会社の規模などは関係なく固定で30,000円の支払いが必要です。

登録免許税は収入印紙による支払いが一般的です。収入印紙貼付台紙に収入印紙を貼付し、申請書等と一緒にご提出下さい。収入印紙は法務局の他、近くの郵便局で購入することが可能です。




GVA 法人登記

商号変更登記と目的変更登記を同時に申請するメリット

商号変更


商号変更登記時に支払う登録免許税と目的変更登記時に支払う登録免許税は両方とも30,000円となり、別々に変更登記申請をした場合は計60,000円の登録免許税の支払いが必要となります。

しかし、意外と知られていないことですが、商号変更登記と目的変更登記を同時に申請した場合は登録免許税の支払いは30,000円で済みます。商号変更登記と同時に目的変更登記の必要がある場合は、同時に申請するとお得になります。

商号変更後に必要な手続きまとめ


商号変更


商号変更後には、商号変更登記をはじめ多くの手続きが必要となります。役所への手続きに関しては期限が設けられているものもありますので、十分にご注意下さい。下記に手続きの一覧を記載しますが、詳細は関連記事をご確認下さい。

役所への手続き

  • 法務局へ商号変更登記申請
  • 税務署への届出
  • 都道府県税事務所への届出
  • 市区町村への届出
  • 年金事務所への手続き
  • 労働基準監督署への手続き
  • 公共職業安定所への手続き
  • 従業員が住んでいる市区町村への手続き


役所以外への手続き

  • 金融機関への手続き
  • 公共料金などの手続き
  • 取引先・契約先企業への通知
  • 名刺・パンフレットなどの作り直し、ホームページの記載変更


ここに挙げているものは基本的に手続きが必要なものですので、これ以外にも社名変更をしたことによる手続きの変更の必要があるものをご確認下さい。



GVA 法人登記

GVA 法人登記なら、変更する商号(社名)を入力するだけで変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、変更した商号(社名)の情報を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

商号変更の他に、役員変更、目的変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

「GVA 法人登記」は、最低限の情報入力だけで必要な書類を自動作成、
法務局に行かずに郵送で会社(商業・法人)変更登記申請ができるオンライン支援サービスです。

GVA 法人登記は最低限の情報入力で書類作成・変更登記申請ができるオンライン支援サービスです。

アカウント作成すると現在の登記情報を
無料で取得できます。

サービス詳細を見る