登記事項証明書の基礎から応用まで解説します

登記事項証明書 投稿日:2022.04.14

登記事項証明書の基礎から応用まで解説します

本記事では、会社経営者や総務担当者にとっておなじみの会社の登記事項証明書を基礎から応用まで解説します。

登記事項証明書(基礎)

1-1 登記事項証明書の種類


会社の登記事項証明書には次の4種類の証明書があります。

  • 履歴事項証明書
  • 現在事項証明書
  • 閉鎖事項証明書
  • 代表者事項証明書



詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:登記事項証明書とは?基礎知識や種類について解説します

1-2 履歴事項証明書


登記事項証明書の中で最も利用頻度が高いのが履歴事項証明書の中の全部事項証明書だと思います。この証明書は金融機関や官公庁から提出を求められることが多いです。

詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:履歴事項全部証明書とは?記載内容や目的、取得方法を解説
       履歴事項全部(一部)証明書の基礎知識から記載項目、利用シーンを解説します
       履歴事項全部(一部)証明書の取得方法、必要書類、手数料について解説します

1-3 現在事項証明書


現在事項証明書は、現在事項、1つ前の商号、1つ前の本店を記載している証明書です。
履歴事項証明書だと変更が多すぎて全体が把握しにくい時などに便利です。

詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:現在事項全部(一部)証明書の取得方法・必要書類・手数料(費用)を解説
       現在事項全部(一部)証明書の利用シーンや記載項目などの基礎知識について解説

1-4 代表者事項証明書


代表者事項証明書は、商号、本店、代表者に関する事項等のみを記載している証明書です。
代表者に関する事項のみ分かればよいときに取得します。

詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:代表者事項証明書の記載項目などの基礎知識・利用シーンを解説
       代表者事項証明書の取得方法、必要書類、手数料(費用)について解説します

1-5 閉鎖事項証明書


閉鎖事項証明書は、履歴事項証明書に記載されていない過去の事項(約3年以上前に効力を失った事項)や管轄外本店移転などにより閉鎖された登記事項が記載されている証明書です。過去の事項を調べるときに取得します。

詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:閉鎖事項全部(一部)証明書の基礎知識から記載項目、利用シーンを解説します
       閉鎖事項全部(一部)証明書の取得方法、必要書類、手数料(費用)について解説

登記事項証明書(応用)

2-1 登記事項証明書の応用的な取得方法


登記事項証明書は、平日昼間に法務局窓口で請求する方法がオーソドックスです。しかし、夜間や休日に請求したい方も多いかもしれません。そんな方は、夜間や休日に会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を交付申請する方法をご覧ください。

また、平日昼間でもオンラインで法人の登記事項証明書(登記簿謄本)を請求する方法スマホで登記事項証明書(登記簿謄本)を請求する方法もあります。

なお、登記手続中だったり登記簿が閉鎖されている場合は証明書が取得できません。そんな時は、会社の登記簿が取得できない場合に考えられる理由と対処方法履歴事項全部証明書に記載されていない情報を取得するには?をご覧ください。

2-2 登記事項証明書の応用的な利用方法


自社の登記事項証明書を取得して提出する以外の利用方法として、他社の登記事項証明書を取得して与信調査に利用するという方法もあります。

詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:商業登記簿を使って取引先の信用を調査する方法

GVA 登記簿取得なら会社の登記簿謄本をネットですぐ請求

会社に関するさまざまな手続きで必要になる登記簿謄本。GVA 登記簿取得なら、法務局に行ったり郵送で依頼することなくネットからカンタンに交付請求できます。

  • 履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書、代表者事項証明書を1通550円(税込)から請求
  • 最短1分で登録、クレジットカードでお支払い
  • 郵送はもちろん、PDFファイルでの登記情報取得も可能


GVA 登記簿取得で、リーズナブルかつスピーディに登記簿謄本を請求しましょう。
GVA 登記簿取得はこちら(登録無料)

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

「GVA 法人登記」は、最低限の情報入力だけで必要な書類を自動作成、
法務局に行かずに郵送で会社(商業・法人)変更登記申請ができるオンライン支援サービスです。

GVA 法人登記は最低限の情報入力で書類作成・変更登記申請ができるオンライン支援サービスです。

アカウント作成すると現在の登記情報を
無料で取得できます。

サービス詳細を見る