商業登記申請に必要な基本知識から専門知識までを解説します

商業登記・会社登記情報 投稿日:2020.11.10

商業登記・会社登記情報


この記事では商業登記申請に必要な基礎知識から専門知識までの参照記事を紹介しています。


商業登記の種類など基本的な内容から履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の見方や申請に必要な添付書類などの専門的な内容までありますので、これから商業登記申請を控えている方や商業登記について調べている方などは、ぜひ参考にして頂ければと思います。

会社の設立から解散までの商業登記の種類を解説

下記参照記事では、株式会社の設立から解散までを解説しています。会社の設立時の登記や登記事項が変更されたときの変更登記の他、解散時の登記についても解説しています。

会社を清算する(終わらせる)際には解散・清算結了の登記が必要ですが、これらの登記を怠る会社が多いようです。解散の登記を行わないと、役員の任期満了による登記懈怠・選任懈怠などが発生してしまう恐れがありますので、会社を終わらせるときは必ず解散・清算結了の登記を行いましょう。

商業登記とは?法人登記との違いを解説

商業登記とはそもそも何なのか?また、法人登記との違いについて解説しています。会社の登記に親しい人は聞きなれている単語ですが、いざ説明するとなると戸惑ってしまうのではないでしょうか?下記参照記事では商業登記と法人登記について解説していますので、気になる方はぜひお読みください。

登記事項証明書(登記簿謄本)を解説

下記参照記事では登記事項証明書(登記簿謄本)について解説しています。登記事項証明書には不動産登記、商業登記(法人登記)、後見登記等、債権譲渡登記、動産譲渡登記など様々な種類が存在します。各登記事項証明書の解説や取得方法などを解説していますので、ぜひご確認下さい。


AI-CON登記

法人設立における印鑑届出の義務の廃止を解説

下記参照記事では法人登記における印鑑提出の義務の廃止について解説しています。今後、会社設立時に印鑑の提出の義務が廃止されることで、会社の設立手続きの手間が省け、会社設立のハードルが下ることが予想されます。これから法人設立を考えている方は、ぜひご一読ください。

株式会社の商業登記各種テンプレートの紹介

下記参照記事では、株式会社の設立から解散までの登記申請書のテンプレートを紹介しています。法務局で紹介されているテンプレートなので、必要な場合は法務局ホームページで詳細を含めご確認下さい。

司法書士、行政書士、弁護士の違いを解説

下記参照記事では、司法書士と行政書士、弁護士の違いについて解説しています。登記申請を依頼する場合、司法書士と弁護士には依頼できますが、行政書士は登記の資格がないので依頼することができませんので注意が必要です。


AI-CON登記

商業登記法の中でよく調べられる条文を解説

下記参照記事では商業登記方の中でインターネット上でよく検索されている条文をピックアップして解説しています。商業登記について徹底的に勉強したいと考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。

商業登記(会社変更登記)の効力発生のタイミングと公示力・公信力について解説

商業登記(会社登記)の目的の一つが「広く知らしめる」ことですが、取引前に相手会社の登記簿を閲覧して登記されている内容に虚偽や不足がないかを確認するために使うこともあります。

そこで疑問が浮かんでくるのが「登記は当事者が申請して始めて公示されるが、その内容をどこまで信じていいのか?もし意図的に登記申請していない場合の効力はどうなるのか?」という点です。下記参照記事では商業登記(会社登記)の効力や、効力発生のタイミングについて解説します。

商業登記(会社登記)における錯誤と遺漏を解説

錯誤とは「あやまり、間違い、事実と一致しない事」、遺漏とは「もれこぼれること、手落ち」などのことを指し、商業登記における錯誤と遺漏とは、事実とは異なる内容が登記により公示されていることを指します。それぞれの違いを解説していますので、気になる方は下記の記事をご確認下さい。


AI-CON登記

商業登記(会社登記)における区について解説

商業登記における各登記の登記事項は共通する事項を「区」という単位に分けて整理されています。商業登記には、大きく分けると「個人商人に関する登記簿」と「会社に関する登記簿」で二分され、さらにそれぞれで細かく分類されています。下記参照記事では、商業登記の会社に関する各区について解説します。

商業登記における閉鎖と廃業について解説

商業登記における閉鎖と廃業とは、会社を終わらせることで同じ意味を指します。会社を閉鎖・廃業させるときは、「解散登記・清算人選任登記」と「清算結了登記」の2段階の手続きをする必要があります。下記参照記事で解説していますのでご確認下さい。

商業登記で添付が必要な議事録の種類を解説

各種、商業登記申請時には添付書類として様々な議事録の提出を求められることがあります。手続き内容により、株主総会議事録や取締役会議事録などの提出が必要になりますので、これから登記申請を控えている方は是非参考にして下さい。


AI-CON登記

商業登記における添付書類の原本還付について解説

商業登記申請時に提出する書類は原則として原本となりますが、場合によっては原本を手元に残しておきたいことがあります。下記参照記事では、原本を手元に残した商業登記申請の方法について解説しています。

GビズIDとは?基礎知識から取得方法、対応する行政サービスを解説

コロナ禍の中で、さまざまな補助金や融資制度への申込み機会が発生したという企業が増え、IT業界でもここ数年は「IT補助金」という制度が話題になることも増えていますが、
これらの申請する上で取得が必要になるのが「GビズID(gBizID)」です。下記参照記事では、GビズIDの基礎知識から取得方法、対応する行政サービスまでを解説しています。

個人事業主の商号登記とは?個人で商業登記申請する目的やメリット、費用について解説

法人であれば必ず必要な商号ですが、個人事業主でも商号登記を申請することができるのはご存じでしょうか?下記参照記事では個人事業主が商号登記を申請するメリットなどを解説しています。


AI-CON登記

株式会社の変更登記はAI-CON登記が便利です

今回の記事では商業登記における基礎知識から専門知識までの参照記事を紹介してきましたが、実際に自分で登記申請をするのはハードルが高いものです。AI-CON登記では株式会社の変更登記に必要な書類が最短15分程、10,000円(税別)以内で作成できます(ストックオプションを除く)。郵送申請や収入印紙の購入もできますので、ぜひご利用頂ければと思います。時間を掛けずに費用を抑えて登記申請をしましょう。

AI-CON登記はこちら(登録無料)

まとめ

今回の記事では、商業登記における様々な内容の記事を紹介させて頂きました。基本的なものから専門的なものまでありましたがいかがでしたでしょうか?これから自分で登記申請をしようと思っている方もいると思いますので、ぜひご参考にして頂ければと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。

「AI-CON 登記」は、必要書類をオンライン上にアップロードし、
最低限の入力を行うだけで、法人登記への必要書類を自動作成するサービスです。

書類をオンライン上にアップロードし、最低限の入力を行うだけで、法人登記書類を自動作成するサービスです。

アカウント作成すると現在の登記情報を
無料で取得できます。

サービス詳細を見る