剰余金等の資本組入れの登記申請書と別紙(登記すべき事項)の書き方

募集株式の発行
剰余金等の資本組入れの登記申請書と別紙(登記すべき事項)の書き方

会社の財政状況は、貸借対照表に記載され、そのうち「純資産の部」の「株主資本」には、資本金、準備金、剰余金などが記載されます。



ところで、許認可や融資を受ける際に「資本金〇〇〇万円以上」という条件があることがあり、資本金が足りない場合があります。この場合には、増資をしなければなりません。

募集株式の発行をして増資する場合が一般的ですが、手っ取り早く増資する方法として、「剰余金等の資本組入れ」があります。

本記事では、「剰余金等の資本組入れ」の登記申請書と別紙(登記すべき事項)の書き方について説明していきます。

「剰余金等の資本組入れ」の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力することで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。
 
ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。
会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら

純資産の部に計上される株主資本の内訳

純資産の部に計上される主な株主資本の内訳は、以下のとおりです。



「株主資本」の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

登記申請書の書き方

剰余金等の資本組入れによる登記申請書の例は以下のとおりです。


資本金1000万円の会社が、令和4年9月1日付で準備金500万円を資本金に組み入れた場合



剰余金等の資本組入れに特有の内容を赤字で示しました。
「登記の事由」は、準備金や剰余金ごとに記載する必要があります。
「添付書類」は、特有の書類として「減少にかかる剰余金等計上証明書」があります。

減少にかかる剰余金等計上証明書の詳細は、こちらをご覧ください。

別紙(登記すべき事項)の書き方


剰余金等の資本組入れにおける登記すべき事項は、2行しかないのでとても簡単です。


資本金1000万円の会社が、令和4年9月1日付で準備金500万円を資本金に組み入れた場合



登記すべき事項の注意点を挙げるとすれば別紙に記載する「資本金の額」は組入れた後の金額を記載することです。

GVA 法人登記なら、剰余金等の資本組入れに必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

 
変更する情報を入力することで、会社変更登記の申請書類を最短7分で自動作成。
印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。
 
 

  • 本店移転や役員変更など10種類以上の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

 
※役員の氏名変更・代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。
 
GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら
 
リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る