増資(資本金の増加)の手続きを自分でするための登記書類テンプレートと記入例

募集株式の発行
投稿日:2021.01.08
自分で募集株式の発行(増資)の登記申請をするためのテンプレートと記入例を紹介します

企業の資金調達方法として、融資と並んでポピュラーなのが外部から出資を受けることです。新しい株式を発行し、それを社外の人に引き受けてもらう(購入してもらう)ことで会社の成長に必要な資金を調達するという方法です。

この募集株式の発行までには、株主総会などいくつかのステップが必要になりますが、その中で重要なのが「登記申請」です。株式会社が募集株式の発行により新たに株式を発行するする場合、必ず登記申請が必要になります。

本記事では、募集株式発行をする場合に必要な登記申請について、特に自分で登記申請する方法を検討されている方向けに申請書のテンプレートと記入例を紹介します。

期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力するだけで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。

ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。
会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。

募集株式発行(増資)の変更登記申請を自分でやるのは可能なのでしょうか?

結論からいうと、募集株式の発行は自分で登記申請することも可能です。

本店移転や役員変更などの登記申請でもそうですが、商業登記において登記申請するには以下の準備が必要になります。

  • 会社で必要な手続き(株主総会など)を行う
  • 登記申請書類を作成し、添付が必要な書類を用意する
  • 申請した登記が登記簿謄本に反映される


この3つのステップを経ることで、募集株式の発行手続きが完了となります。

本記事で紹介するテンプレートを参考に登記申請書を作成し、以下の書類を添付して法務局に申請するだけです。一度やれば次からはより短い時間でできますので、最初は大変かもしれませんがぜひチャレンジしてみてください。

募集株式の発行(資本金の増加)の登記申請に必要な書類

募集株式発行の登記申請では、登記申請書を含め以下の書類が必要になります。

募集株式発行の登記申請に必要な書類(取締役会非設置会社の場合)

  • 会社変更登記申請書(本記事でテンプレートとして紹介している書類です)
  • 株主総会議事録
  • 株主リスト
  • 募集株式の引受けの申込みを証する書面又は総数引受契約書
  • 資本金の払込みがあったことを証する書面(通帳のコピーを綴じたもの)
  • 資本金の額の計上に関する証明書


募集株式発行の登記申請に必要な書類(取締役会設置会社の場合)

  • 会社変更登記申請書(本記事でテンプレートとして紹介している書類です)
  • 株主総会議事録
  • 株主リスト
  • 取締役会議事録
  • 募集株式の引受けの申込みを証する書面又は総数引受契約書
  • 資本金の払込みがあったことを証する書面(通帳のコピーを綴じたもの)
  • 資本金の額の計上に関する証明書


※上記書類の他に代理人に依頼する場合は委任状が必要です。

募集株式発行(増資)の登記申請書テンプレートと記入例

こちらが募集株式発行の登記申請書の記入例です。

登記申請書および申請書以外に必要な書類テンプレートは法務局のWebサイトでダウンロードできます。

ただし、法務局Webサイトからダウンロードできるテンプレートでは登記すべき事項をオンラインで提出する形式になっています。紙の申請書で申請する場合は以下の記入例を参考にしてください。


申請書類内の「登記すべき事項」に記載する内容については、以下の記載例からコピーしてご利用ください。

登記すべき事項の記載例
「発行済株式の総数」500株 
「原因年月日」令和2年10月20日変更
「資本金の額」金300万円 
「原因年月日」令和2年10月20日変更

※数字の単位は「万」「億」を使用します。

募集株式発行の登記申請で、登記申請書以外に必要な書類については以下の記事でもまとめていますので参考にしてください。

関連記事:
募集株式発行の登記申請書における登記すべき事項の書き方を解説します
募集株式の発行(増資)の登記申請における必要書類を解説します

GVA 法人登記


GVA 法人登記なら、増資額や株式数を入力するだけで変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、増資で募集する株式数や金額を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。
印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

募集株式発行の他に、役員変更、目的変更、本店移転、商号変更など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種以上の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。 GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る