会社設立を士業に依頼するメリットを行政書士・司法書士・税理士から比較

会社設立
投稿日:2022.11.21
会社設立を士業に依頼するメリットを行政書士・司法書士・税理士から比較

会社設立は自分でもできますが、手続きにかかる時間や手間を考えると専門家に依頼するのも良い選択肢です。

会社設立の専門家というと、行政書士・司法書士・税理士などの士業が思い浮かびます。会社設立を依頼しようとしている方の中には、専門家ごとの特徴や違いが気になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、専門家ごとに、依頼できる範囲や依頼するメリット・デメリットを解説します。専門家選びの参考にぜひご活用ください。

期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力することで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。 
 
ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。
会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら

会社設立を自分でするか、専門家に依頼するかの違い

会社設立を自分でするか、専門家に依頼するのかで生まれる違いは、手続きにかかる時間や手間を省略できることだけではありません。
ここでは、自分で設立する場合と専門家に依頼する場合でどのような違いが生まれるのかを解説します。

自分で設立する

会社を設立する大まかな流れは次のとおりです。

  • 定款を作成する
  • 定款の認証手続を公証役場で行う
  • 設立登記の申請を行う


これらの作業は、時間をかければ自分で行うこともできます。近年では「freee会社設立」や「マネーフォワード クラウド会社設立」など、自分で会社設立書類を作成することを支援するサービスもあります。

自分で会社を設立するメリットは、専門家に依頼する費用が不要になる点です。株式会社、合同会社で会社設立にかかる最低限の費用は次のとおりです。

株式会社

  • 定款作成費用 4万円(電子定款の場合は不要)
  • 定款の認証費用 5万円
  • 定款の謄本作成 約2000円
  • 登録免許税 15万円~


合同会社

  • 定款作成費用 4万円(電子定款の場合は不要)
  • 定款の認証費用 不要
  • 定款の謄本作成 不要
  • 登録免許税 6万円~


合同会社であれば、紙の定款であっても10万円ほどで会社を設立できます。
参照:国税庁「登録免許税の税額表

他方、自分で会社を設立するデメリットは、定款などの作成方法を調べたり、自分で手続をしたりする時間や手間がかかることです。慣れない作業で間違いも多くなる可能性もあるでしょう。

専門家に依頼する

会社設立を支援できる専門家としては、行政書士、司法書士、税理士があります。専門家を選ぶ際には、士業によって、専門領域や対応可能な業務範囲が異なる点に注意する必要があります。

設立登記申請まで全ての作業を任せたいのであれば司法書士、設立後の許認可手続きまで任せたいのであれば行政書士など、何を依頼したいのか、何を期待するかによって依頼すべき専門家が異なります。

専門家に会社設立を依頼するメリットは、手続きにかかる手間や時間を省くだけでなく、設立に関するアドバイスや、設立後に必要な手続きのサポートも受けられる点にあります。会社設立時には、設立手続き以外にも対応すべき事項が多いので、その点でのサポートも受けられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

一方、専門家に会社設立を依頼するデメリットは、費用がかかること、専門家によって対応可能範囲を確認する手間がかかることです。専門家に依頼する場合でも全ての作業を任せるのは難しい点には注意が必要でしょう。

以降にて、専門家ごとに依頼できる範囲やその専門家を選ぶメリット・デメリットを解説します。

司法書士に依頼する

まずは、登記の専門家である司法書士に依頼する場合から見ていきます。

依頼できる範囲

司法書士は登記の専門家です。会社設立手続きでも、登記申請そのものを代行できます。登記申請の代行権限があるのは司法書士だけなので、会社設立手続きにおいて最も広い代行権限があるのは司法書士ということになります。

会社の設立した後も、本店所在地の移転や役員変更など登記手続きが発生することもあります。会社設立の段階から司法書士に依頼していれば、その後の変更手続きもスムーズに依頼を進めることができるでしょう。

メリット

司法書士は、会社法を取り扱う専門家であり、司法書士に会社設立手続きを依頼すると、会社法の専門家としてのアドバイスを受けることができます。法務局への対応にも精通しているため、登記申請手続きもスムーズに終えることができます。

会社の設立を急ぐ場合には、登記申請手続きまでを代行できる司法書士に任せるのが良いでしょう。

デメリット

会社設立時には、設立登記だけでなく許認可や補助金・助成金申請も合わせて必要になることがあります。司法書士は、許認可や補助金申請の代行権限はないため、これらの手続きについては自分で行うか、他の専門家に依頼しなくてはなりません。

また、司法書士の業務の中心は、あくまで登記申請手続きにとどまるもので、会社経営についてのアドバイスなど、設立手続きを越える範囲での対応の可否はその司法書士のスキルや経験によって異なります。

行政書士に依頼する

行政書士は書類作成や申請の専門家です。行政書士には、会社設立手続きの書類だけでなく、設立後の会社運営に必要な書類の作成も合わせて依頼できます。依頼できる範囲やメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

依頼できる範囲

会社設立手続きで行政書士に依頼できるのは、定款の作成や定款認証業務です。

定款には、定型の書式もありますが、会社の目的に沿った定款を作成するには、専門的知識も必要となるでしょう。行政書士に定款の作成を依頼すれば、依頼者から設立する会社の特徴を聴き取ったうえで、適切な内容の定款を作成してもらえます。

また株式会社の設立に必要な定款認証手続きの代理を行政書士に依頼することができます。

メリット

行政書士の主たる業務は、許認可手続きや補助金・助成金の申請手続きです。設立する会社の業種によっては、設立後に許認可手続きや助成金等の申請手続きが必要になります。

行政書士に会社の設立手続きを依頼しておけば、設立後に必要な許認可手続きや補助金等の申請手続きもスムーズに依頼できる可能性があります。

デメリット

行政書士に会社設立を依頼することのデメリットは、登記申請手続きは自分で行わなければならないことです。定款を作成してもらったとしても、申請作業は自分で行かなければならないため、どうしても時間を取られてしまいます。

また、許認可手続きについては、行政書士によって専門分野があり、設立手続きを依頼した行政書士が、自社にとって必要な許認可手続きに対応できるとは限らないことに注意しましょう。

税理士に依頼する

税理士は税務の専門家であり、会社設立そのものに関与することは少なくなります。ここでは、会社設立時に税理士に依頼できる業務の範囲と、税理士のメリット・デメリットを解説します。

依頼できる範囲

税理士の業務は、税務関連の書類作成、代行です。そのため、税理士は、定款・登記申請書類の作成や登記申請手続きの代行を直接することはできません。

ただし、会社を運営していくうえで、税理士の存在は欠かせません。会社設立後に、税務関係の手続きを依頼する税理士が決まっている場合には、設立段階からその税理士に相談することもあるでしょう。

メリット

税理士からは、会社を運営するうえで欠かせない、資金調達や税務対策のアドバイスを受けることができます。設立段階から資金調達等も含めた助言を受けることで、設立手続後の会社運営をスムーズに開始することができるようになるでしょう。

デメリット   

会社設立の手続き自体では、税理士が代行できることはほとんどありません。そのため、税理士に会社設立手続きの相談をしても、手続きそのものは自分で行うか、他の専門家に依頼する必要があります。

その他の士業に依頼する

会社設立の依頼、相談ができる士業は、司法書士、行政書士、税理士に限りません。ここでは、他の士業に依頼できる業務について解説します。

他の士業にもアドバイスできる可能性はある

社労士や弁理士、弁護士などの士業も、会社設立手続きの相談や依頼を受けることがあります。特に弁護士は、法律上は会社設立業務のほとんどを代行可能です。

ただし、士業として対応可能な業務と、実際に個々の士業が精通している業務範囲は異なります。例えば弁護士で会社設立を専門に活動している人はほとんどいないでしょう。

会社設立を専門家に依頼する場合には、士業の種類だけでなく、依頼する人が会社設立の手続きの経験や専門的知識を有しているのかを確認するのが重要です。

依頼する目的を明確にしましょう

会社設立を士業に依頼する際には、依頼の目的やその士業に期待することを明確にすることが重要です。

会社設立だけを目的にするのであれば、司法書士に依頼すれば登記申請の代行までを任せられますし、行政書士や税理士であれば許認可手続きや資金調達など他の目的、期待と総合して検討するのがよいでしょう。

GVA 法人登記なら、会社変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

※GVA 法人登記では役員の解任の登記申請には対応しておりませんのでご注意ください。
変更する情報を入力することで、会社変更登記の申請書類を最短7分で自動作成。
印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。
 

  • 本店移転や役員変更など10種類以上の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

 
※役員の氏名変更・代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。
 
GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら
 
リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。 GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る