代表取締役の住所変更登記の申請方法を比較

代表取締役の住所変更
代表取締役の住所変更登記の申請方法を比較

はじめに

この記事では代表取締役の住所変更時の登記変更申請方法について説明しています。登記変更申請には様々な方法がありますので、貴方の一番やりやすい方法を選んで下さい。この記事ではオススメの申請方法をメインにご紹介します。

代表取締役の住所変更時の登記変更申請には色々な方法がある

登記=司法書士と連想する方も多いと思いますが、昨今では色々な登記申請の方法があります。それぞれの手法に分かりやすくメリットとデメリットがありますので、貴方の今の状況に一番適した方法をお選び下さい。

また、登記申請の方法はこちらの記事でもご紹介しています。
関連記事:代表取締役の住所変更(引越し)には登記変更が必要?


GVA 法人登記


登記申請の方法を簡単にご紹介

  1. 司法書士に依頼
  2. 自分で調べて申請
  3. 自分で調べて法務局の「登記・供託オンライン申請システム」でオンライン申請
  4. オンライン登記変更書類作成サービスを使う


まずは1~4まで簡単に説明します。


1.司法書士に依頼

一番オーソドックスな方法です。登記申請なんて何をすれば全然わからないから司法書士に丸投げしたい!と考える方は多いと思います。実際に司法書士は登記のプロなので丸投げすればほぼ間違いないでしょう。比較検討するのも面倒臭い方はいいかもしれません。

2.自分で調べて書面で申請

「費用を掛けたくないから自分で申請しよう」と考える方がいるかもしれませんが、時間に余裕がない限りはやめた方が無難です。誰でも片手間で登記申請ができれば司法書士は必要なくなります。つまり、それだけ登記申請は複雑で難しいということです。必要な書類を調べ上げ、不備の無いように作成し、一発で受理されることは至難の業です。

3.自分で調べて法務局の「登記・供託オンライン申請システム」でオンライン申請

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、実は法務局のオンライン登記申請システムの「登記・供託オンライン申請システム」というものがあり、無料で利用できます。

なんだ、お金を掛けずにオンラインで申請できるじゃん!と思ったあなた。間違ってはいませんが、ホームページの内容が複雑で難解です。

参考までに、こちらがホームページからの一部抜粋です。


こんな感じの説明が延々と続きます。

また、オンライン申請をするためには電子証明書を取得する必要もあります。
このように難解な手続きにチャレンジしたい方は試してみると良いかもしれません。

登記・供託オンライン申請システムが気になる方は下記リンクからご確認下さい。
登記・供託オンライン申請システム

4.オンライン登記変更書類作成サービスを使う

2019年にサービスを開始した「GVA 法人登記」は、登記変更書類が簡単に作成できるオンラインサービスです。最短15分程で書類の作成が完了し、全ての種類の登記書類が10,000円(税別)以内で作成できます。
書類作成に費やす時間や費用などを考えると、一番楽で負担の掛からない方法です。


GVA 法人登記



さて、あなたはどの申請方法を選びますか?

1~4まで登記変更の申請方法をご紹介しましたが、あなたはどの申請方法を選びますか?迷っている方は下記のyes,noチャートをご利用頂き、ベストの申請方法をご確認下さい。

問1.時間はいくら掛かっても構わない

YES → 問2へお進み下さい
N O → 時間を掛けたくない場合は問4にお進み下さい

問2.費用もいくら掛かっても構わない

YES → 司法書士への依頼をオススメします
N O → 時間は掛けれるが費用は掛けたくない場合は問3にお進み下さい

問3.オンライン上で申請を済ませたい

YES → 登記・供託オンライン申請システムをご利用下さい(終了)
N O → 自分で登記申請にチャレンジして下さい(終了)

問4.時間は掛けられないが、費用はいくらかかっても良い

YES → 司法書士への依頼をオススメします ※掛かる時間は司法書士による (終了)
N O → 時間も費用も極力抑えたい場合は問5へお進み下さい。

問5.時間も費用も極力抑えたい

YES → 時間も費用も極力抑えたい場合は「GVA 法人登記」をオススメします(終了)
N O → 問1へ戻り再考して下さい。

結論:GVA 法人登記なら時間を掛けずに費用を押させて登記申請ができる

「時間を掛けずに費用を抑えたい」が選択肢として一番多いようです。そのような方に一番オススメなのがGVA 法人登記です。

GVA 法人登記なら、代表取締役の住所移転登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、移転先住所をを入力するだけで、代表取締役の住所移転の登記申請書類を最短7分で自動作成。

印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。
会社の本店移転と同時に申請できるのはもちろん、商号変更、目的変更、役員変更などと組み合わせての申請も可能です。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
GVA 法人登記はこちら(登録無料)

まとめ

これは個人的な判断ですが、実際のところは司法書士に依頼するかGVA 法人登記に依頼するかの2択になると思います。
時間も費用もいくら掛かってもいい場合は司法書士へ、時間を掛けずに費用を抑えてということであればGVA 法人登記をご利用頂くのがベストだと思います。自分の今の状況に一番合った申請方法をお選び下さい。

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る