代表取締役の住所変更後は税務署への手続きが必要です

代表取締役の住所変更
代表取締役の住所変更後は税務署への手続きが必要です

代表取締役の住所変更後は税務署への手続きが必要~はじめに~

この記事では代表取締役の住所変更登記の後に必要な税務署への手続きについて説明しています。代表取締役の住所が変わると、会社関連の変更手続きが多く発生します。特に税務署をはじめ公的機関への手続きは速やかに済ませる必要がありますのでご注意下さい。

代表取締役が引越しをしたらまずは代表取締役の住所変更登記が必要

代表取締役の住所は登記事項となっていますので、引越しをした場合は最初に代表取締役の住所変更登記を済ませる必要があります。最初に済ませなければならない理由は以下の2点です。

  • 変更登記申請には期限がある
  • 公的機関への手続きの際に登記簿謄本(履歴事項証明書)を提出する必要がある


変更登記申請には期限がある

変更登記申請には変更が発生した日から2週間以内という期限が設けられています(会社法第915条第1項)。代表取締役の住所変更登記の場合は引越しをした日を起算日として2週間以内に申請する必要があります。期限を過ぎてから申請した場合でも書類にミスがなければ通常通り受理されますが、登記懈怠扱いとなり代表者個人が100万円以内の過料の制裁を受ける可能性がありますのでご注意下さい(会社法第976条1号)。

登記懈怠について詳しくはこちら

公的機関への手続きの際に登記簿謄本(履歴事項証明書)を提出する必要がある

代表取締役が引越した際には公的機関への手続きが必要になりますが、提出書類として登記簿謄本(履歴事項全部証明書)が必要になるときがあります。先に登記簿謄本(履歴事項証明書)を準備しておく必要がありますので、まずは変更登記申請を済ませましょう。



代表取締役の住所変更登記申請はGVA 法人登記が便利です

変更登記申請方法には主に司法書士に頼む、自分で書類を作成し申請する、オンラインサービスを利用するの3つの方法がありますが、費用を抑えて時間を掛けずに変更登記申請を済ませたい場合はGVA 法人登記が便利です。

GVA 法人登記は変更登記申請に必要な書類が最短7分で自動作成できるオンラインサービスです。登記の知識のない人でも簡単に書類を作成できることが特徴で、10,000円(税別)以内で変更登記申請に必要な書類が作成できます。時間のない方、費用を抑えたい方はぜひご利用下さい。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
GVA 法人登記について詳しくはこちら(登録無料)

住所変更登記申請が終わったら税務署への手続きを済ませましょう

引越し後はバタバタしてしましますが、変更登記申請を済ませ登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の取得が済んだ後は、税務署へ異動届の手続きを済ませましょう。

<必要書類>

  • 異動届出書
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)※コピー可




その他公的機関への手続きを済ませましょう

税務署以外にも公的機関への手続きがありますので、速やかに済ませてしまいましょう。変更登記申請は書類の準備を含めると数日掛かることがありますが、その他の公的機関への手続きは通常であれば1日以内で申請を済ませることができます。

その他公的機関への手続き

  • 都道府県税事務所へ異動届出書(法人)の提出
  • 市区町村へ異動届出書(法人)の提出
  • 年金事務所へ変更届の提出



各公的機関への手続きについて詳しくはこちらの記事もご参考ください

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る