代表取締役の住所変更の理由

代表取締役の住所変更
代表取締役の住所変更の理由

代表取締役の住所変更の理由、と聞くと「引っ越したからでしょ」と思われることも多いかと思います。もちろん引っ越しは引っ越しなのですが、会社のフェーズや背景によってもいくつかの理由に分けられます。

会社の住所=自宅の環境を変えるとき

会社設立時は、会社と自宅を同じ住所で登記するケースは多いです。準備期間は自宅と同じ住所で登記し、そこからバーチャルオフィスやシェアオフィス、その後専用のオフィスにステップアップする場合もあります。この場合は、代表取締役の住所変更はあまり関係ありません。単なる引っ越しですね。

ただし、会社や社長の方針によっては自宅をオフィスにし続けるケースもあります。その場合、業績の向上や取引先増加を背景としてより高い利便性を求めて立地や設備の良い環境に移転するということがあります。

AI-CON登記

結婚や家族が増えた

結婚や家族が増えた場合など、住む人数が増えるということのは引っ越す上で決定的な理由になります。結婚したばかりであれば、より利便性の高い都心に引っ越したり、子供が生まれた場合は住環境のよい郊外に引っ越したりと引越し先はさまざまです。また、賃貸するか購入するか、によっても引っ越し先は変わります。

上場や業績アップなど、会社のステージが変わった

上場や業績アップなど会社のステージがあがると、社長が使えるお金や資産も増えるケースがほとんどです。上場であれば持ち株の売却、非上場企業の業績アップであれば役員報酬の増額などが多いでしょう。

このフェーズになると立地はもちろん物件規模も大きくなってきます。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。