個人事業主の商号登記とは?個人で商業登記申請する目的やメリット、費用について解説

商業登記・会社登記情報
商業登記・会社登記情報

商業登記というと、会社を含む法人がやるものというイメージがあります。法人登記や会社変更登記、と呼ぶくらいなのでほとんどの場合その認識の通りです。

では個人事業主と商業登記はまったく関係ないのでしょうか?
たしかに個人事業主は設立の登記をせずに開始できますので登記の機会とは無縁な気がします。

ですが、個人事業主が商業登記を申請する機会が、実はあるのです。

それは「商号登記」という制度です。本記事では個人事業主の方でも知らないことの多い「商号登記」についてメリットや申請方法について解説します。

商号登記とは?

「商号」は会社など法人でいえば会社名に当たります。どんな会社でも必ず必要なものですね。この商号について変更時などに申請することを「商号登記」といいます。

この商号登記は個人事業主でも申請することができます。

ただし、呼び方こそ同じ「商号」ですが、個人事業主の場合は「屋号」に該当します。

「屋号」は確定申告や開業届の際などに記入を求められることがありますが、会社名と違って必ずなくてはならないものではなく、名付けたり変更するにも申請は不要です。何か申請する際に記入欄があっても空欄にしておいても問題ありません。

では、個人事業主が屋号を商号登記することにはどんなメリットがあるのでしょうか?

個人事業主が商号登記を申請するメリット

個人事業主の商号登記をするメリットはなんでしょうか?

もっとも大きいのは「信頼性の確保」でしょう。

商号登記を申請することで屋号や事業主の氏名などの情報が登録され、誰でも見れるようになります。会社ほどではありませんが、少なくとも「屋号を持って事業を行っている」ことを一般に示すことができます。

また、屋号があれば請求書や郵送物に記載したり、屋号付きの銀行口座を開設することで一貫性が担保できたりと、個人名だけにしておくより社会的信用を高める効果があります。


AI-CON登記


商標登録と商号登記の違い

よく質問にあがるのが「商標登録」と何が違うのか?です。

大きな違いとしては、商標登録では管轄省庁が特許庁になる点です。(商号登記は法務局)

商標登録では、すでに登録されている商標やそれと似ている商標は登録できません。個人事業主の商号登記は、同一所在地では同一の商号を使うことができない、というもので、商標登録にくらべると制限が緩くなります。

ですので、商号登記はその商号を独占して利用したいという目的には使えません。もしサービスや商品名と商号を同じものにしたり、事業を大きく展開する予定があるなら、商標登録の検討もおすすめします。

個人事業主の商号登記申請の手続き

申請書類を作成し、必要な押印と登録免許税として3万円分の収入印紙を貼付して申請します。
インターネット検索すると申請書のテンプレートが見つかる場合がありますが、間違える可能性もあるので法務局で確認するのがおすすめです。

申請前に以下のものが手元にあるか確認しておきましょう。

  • 個人の実印
  • 個人実印の印鑑証明
  • 印鑑届書
  • 商号登記申請書
  • 登録免許税3万円
  • 屋号の印鑑

不安な場合は必要なものを法務局に持参して、窓口で確認しながら記入、申請するのも良いでしょう。


AI-CON登記


個人事業主の商号登記申請にかかる費用

個人事業主の商号登記申請には、登録免許税として収入印紙代3万円がかかります

また、申請書類作成を司法書士などの専門家に依頼した場合、追加で数万円程度の費用がかかる場合があります。ただし法人の商号登記ほどの難易度はないので、自分で作成することも可能です。

会社の登記申請ならAI-CON登記がおすすめ

個人の商号登記にくらべると、会社の商号登記は手間がかかります。

「社名を変える」ということは一大イベントなので、思いついたらすぐ変更というわけにはいかず、法律に定められたルールに則って申請が必要です。個人事業のように自力で登記申請書を用意するハードルも上がります。

司法書士監修のAI-CON登記なら、必要な情報を入力するだけで、変更登記申請書類を最短15分から自動作成。あとは印刷して押印や収入印紙を貼ればすぐに申請できます。
郵送でも申請できるので、法務局に行く必要もなく、司法書士に依頼する数分の一の費用で申請書類が準備できます。

AI-CON登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請をしましょう。

AI-CON登記はこちら(登録無料)

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。