目的変更登記にかかる費用(司法書士への報酬や料金)はいくら?

目的変更
目的変更

起業してから発生する変更登記の1つに目的変更登記があります。よくある例としては、新規で事業を展開することになった場合の目的の追加や、業績不振により事業から撤退する場合の目的の削除など、目的変更の理由は様々です。

本記事では、この目的変更登記を司法書士に依頼した場合の報酬額について解説していますので、これから目的変更を考えている代表取締役の方は、目的変更登記の予算の把握にお役立てください。

【期間限定】GVA 法人登記の割引クーポン配布中

GVA 法人登記は、本店移転や役員変更など10種類以上の法人変更登記申請に対応したオンラインサービスです。必要な情報を入力することで最短7分で書類を自動作成。法務局に行かずに申請できる郵送申請もサポートしています。

ただいま期間限定で使える1,000円割引クーポンを配布中です。
アカウント作成後、書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(アカウント作成はこちら

目的変更登記申請にかかる費用の内訳

目的変更登記を司法書士に依頼する際にかかる費用の内訳は以下のようになっています。

①司法書士への専門家報酬

登記申請するために必要な変更登記申請書類の作成を司法書士に依頼するための費用です。

この他の方法として、自分で調べて書類を作成したり、ネット上の書類作成支援サービスを利用する方法もあります。これらの方法では手間がかかったりWebサイトでの入力が必要な分、司法書士に依頼するよりは安価になります。

②申請に必要な登録免許税(3万円)

登録免許税は登記申請において、必ず納付する必要のある税金です。
目的変更登記の場合は、一律で3万円です。

なお、登録免許税は申請書類の作成方法に関わらず必ず発生します。司法書士に依頼しても、自分で書類を作成しても同じ3万円です。

③法務局に申請するためにかかる郵送費や交通費:数百円

ほとんど気にしなくて良いくらいの金額ですが、郵送費や交通費も必要です。法務局から遠ければ意外に高くなる場合もあります。依頼する司法書士によっては郵送費などは報酬に含まれている場合もありますが、念のため確認しておきましょう。

以上を合計すると、総額で数万円程度はかかると理解しておきましょう。

目的変更登記を司法書士に依頼する場合の司法書士報酬額

では、目的変更登記の申請を司法書士に依頼する場合、いくらの報酬がかかるのでしょうか?

これは一律に決まっているわけではなく、司法書士ごとに金額が異なります。
正確な料金形態が公開されているわけではないのですが、目的変更はおおよそ20,000円~30,000円前後になると想定されます。

登録免許税や諸費用を合計すると、目的変更の登記申請を司法書士に依頼する際の総額としては50,000円前後となることが多いようです。
※登録免許税は司法書士に依頼しない場合でも登記を申請すれば必ず発生します。

GVA 法人登記なら、変更する事業目的を入力するだけで変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、変更する事業目的を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

目的変更の他に、商号変更、役員変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修GVA 法人登記の特徴

  • 10種類以上の変更登記に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • 法務局に行かずに申請できる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら)

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら)

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る