会社の登記事項証明書(代表者事項証明書)の取得方法とは?

登記簿謄本
投稿日:2021.06.03
会社の登記事項証明書(代表者事項証明書)の取得方法とは?

「会社の登記簿を提出してください」

会社の経営や管理に関われている方なら一度はこんな依頼をされた経験があると思います。一度くらいは会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を取得・請求した経験があるかもしれません。

一般的に「会社の登記簿」といえば「履歴事項全部証明書」を提出すれば事足りることが多いですが、中にはちょっと聞いたことのない書類が必要になる場合もあります。

本記事ではその一つである「代表者事項証明書」について、どんな書類なのか、用途や取得方法について解説します。

登記簿


期間限定、GVA 法人登記の割引クーポンを配布中です

GVA 法人登記なら本店移転や役員変更など10種類以上の登記申請に必要な書類を、変更する情報を入力することで自動作成。法務局に行かずに郵送だけで申請できます。

ただいま期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中です。

会員登録後の書類作成時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください。(会員登録はこちら

代表者事項証明書とは?

「代表者事項証明書」は法人が法務局に登記している内容を証明する書類(登記事項証明書)のひとつで、その会社の代表者について証明する書類です。

代表者事項証明書には以下の内容が記載されています。

・会社の現在の代表者氏名
・代表者の住所
・代表者の役職
・会社の商号(会社名)
・本店所在地
・法人番号

その他の登記事項証明書(履歴事項証明書など)と比べると記載される内容はだいぶ簡素ですが、法人に対して訴訟を起こす際などに、被告を証明するためなどに用いられます。(資格証明書と呼ぶこともあります)

ただし、代表者事項証明書は記載内容や用途が限定されるので、書類に特に指定がなく、どれにすべきか迷っている場合は「履歴事項全部証明書」を用意したほうが無難でしょう。

GVA 法人登記


代表者事項証明書の取得・取り寄せる方法

交付申請書に交付する内容を記載し、最寄りの法務局に持参もしくは郵送(返信用の切手同封が必要)で申請します。

以下は交付申請書の一部抜粋です。各種申請書は法務局ホームページからダウンロードできます。

例えば「代表者事項証明書」が必要な場合は、申請書の「③代表者事項証明書」にチェックして交付申請します。



GVA 登記簿取得なら会社の登記簿謄本をネットですぐ請求

会社に関するさまざまな手続きで必要になる登記簿謄本。GVA 登記簿取得なら、法務局に行ったり郵送で依頼することなくネットからカンタンに交付請求できます。

  • 履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書、代表者事項証明書を1通550円(税込)から請求
  • 最短1分で登録、クレジットカードでお支払い
  • 郵送はもちろん、PDFファイルでの登記情報取得も可能


GVA 登記簿取得で、リーズナブルかつスピーディに登記簿謄本を請求しましょう。
GVA 登記簿取得はこちら(登録無料)

GVA 法人登記なら会社変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます


変更する情報を入力することで、会社変更登記の申請書類を最短7分で自動作成。
印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

  • 本店移転や役員変更など10種類以上の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション


※役員の氏名変更・代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記では、期間限定で使える1,000円の割引クーポンを配布中!
書類購入時に【 Ug3JNAS7sB 】を入力ください(会員登録はこちら

リーズナブルかつスピーディーに登記申請をしましょう(サービス詳細はこちら

こちらの動画でも詳しく解説しています

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)/ 監修:GVA 法律事務所 コーポレートチーム

本Webサイト内のコンテンツはGVA 法律事務所の監修のもと、BtoBマーケティングおよび司法書士事務所勤務経験者が所属する編集部が企画・制作しています。 GVA TECH株式会社では、「GVA 法人登記」だけでなくAI契約書レビュー支援クラウド「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る