役員の辞任・退任と就任登記を同時に登記申請するのにかかる費用

複数種類の登記の同時申請
役員の辞任・退任と就任登記を同時に登記申請するのにかかる費用

株式会社の役員(取締役)の人数は、会社設立時に作成する定款の中でその定数が決められています。当然、辞任や退任により定数を下回りそうな場合は後任の役員を決め、就任(新任)の登記を申請して登記簿に反映する必要があります。

つまり、役員の辞任・退任と就任を同時に登記申請するかどうかは、申請する会社の選択ではなく、定数次第で同時に申請しなければならないか、が決まります。

本記事では、役員の辞任・退任と就任(新任)の登記を同時に申請する際にかかる必要について解説します。

役員の辞任・退任と就任(新任)を別々に登記申請するのにかかる費用

上記のような理由があり、たいていのケースでは辞任・退任と就任を別々に申請することはないでしょう。あるとしたら、役員定数を満たしている状態で辞任・退任と就任がたまたま近いタイミングで発生するようなケースになります。

それぞれ、以下の内訳で費用が発生します

役員の辞任・退任

①司法書士に依頼する場合はその報酬

②申請に必要な登録免許税
資本金の額が1億円以下の会社の登録免許税:1万円
資本金の額が1億円を超える会社の登録免許税:3万円

③法務局に申請するためにかかる郵送費や交通費:数百円

費用合計:約1万円+司法書士報酬(約3万円+司法書士報酬)

費用については以下の記事もご覧ください。

関連記事:役員辞任の登記申請を司法書士に依頼した場合の報酬額(費用)はいくら?

役員の就任(新任)

①司法書士に依頼する場合はその報酬

②申請に必要な登録免許税
資本金の額が1億円以下の会社の登録免許税:1万円
資本金の額が1億円を超える会社の登録免許税:3万円

③法務局に申請するためにかかる郵送費や交通費:数百円

費用合計:約1万円+司法書士報酬(約3万円+司法書士報酬)

役員就任登記にかかる費用については以下の記事もご覧ください。

関連記事:目的変更登記を司法書士に依頼した場合の報酬額(費用や料金)はいくら?

合計すると、役員の辞任・退任と就任を別々に登記申請してしまうと、仮に司法書士報酬を3万円とした場合、おおよそ8万円(12万円)程度の費用が想定されます。

役員の辞任・退任と就任(新任)を同時に登記申請するのにかかる費用

では、役員の辞任・退任と就任(新任)の登記申請を同時に申請する場合の費用はいくらになるのでしょうか?

役員変更関連の登記は同時に申請する場合、登録免許税が1申請分で済むのが最大の違いです。司法書士への報酬も1回分で済むため安くなる可能性が高いです。

つまり、別々で申請すれば総額で約8万円(約12万円)かかっていたのが、同時申請なら約4万円(約6万円)と半額程度で済む可能性があります。

金額的にはたいした差ではないかもしれませんが、あえて別々に申請するメリットもありませんので、このような仕組みになっていることを知っておくとどこかで役立つかもしれません。


GVA 法人登記なら、取締役や監査役の変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、変更したい役員の情報を入力するだけで、変更登記申請書類を最短7分で自動作成。印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。

役員変更の他に、商号変更、目的変更、本店移転など異なる種類の登記も同時に申請できます。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
GVA 法人登記はこちら(登録無料)

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る