IT導入補助金の概要・申請方法および必要書類(履歴事項全部証明書等)の注意点

補助金申請
補助金申請

この記事をお読みになる方は、自社サービスの生産性の向上や業務効率化を実現するために、さまざまなITツールの導入を検討されること思いますが、中小企業や小規模事業者の場合、費用面等の問題でなかなか実現に至らないことも多いのではないでしょうか。

そんな時に有効活用したいのがIT導入補助金制度です。IT導入補助金制度とは、中小企業・小規模事業者を対象としたITツールを導入する為の経費の一部を補助する制度です。

この記事ではIT導入補助金の概要・申請方法および必要書類(履歴事項全部証明書・法人税納税証明書等)の注意事項について解説していますので、これから申請をご検討されている方は、参考にしていただけますと幸いです。

※本記事は一般社団法人 サービスデザイン推進協議会が運営しているウェブサイトの情報を基に作成しております。また、2021年4月現在の内容となりますのでご了承ください。最新の情報は下記URLよりご確認をお願いいたします。

IT導入補助金ホームページはこちら
URL:https://www.it-hojo.jp/first-one/

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助等することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的とした制度です。

IT導入補助金申請の対象となる事業者及び申請の要件

申請の対象となる中小企業・小規模事業者等の定義は、以下のとおりですので、まずは自社が申請の対象となるかをご確認ください。また、対象となる場合でも詳細な条件などがありますので、詳しくは下記URLで公開されている公募要領をご確認ください。

URL:https://www.it-hojo.jp/applicant/



※IT導入補助金ホームページより引用


申請・導入の3ステップ

申請から導入までは以下の3ステップによりおこないます。

  1. 支援機関(お近くのよろず支援拠点・商工会・商工会議所・ITコーディネーター等)に経営課題や課題解決のためのITツールを相談する
  2. 導入したいITツールやIT支援事業者を決定し、その支援のもとホームページから申請に必要な情報を提出
  3. 審査を経て採択されれば、ITツールを導入・活用(補助事IT導入支援業者業の実施)


導入及び事業計画の策定支援、各種申請等の手続きはIT導入支援業者のサポートの基におこないます


IT導入補助金の申請は企業が直接申請するわけではなく、選定したIT導入支援事業者のサポートの基におこないます。IT導入支援事業者の役割は以下の通りです。

  1. 中小企業・小規模事業者等の生産性の向上に資するITツールを事務局に登録
  2. 補助事業を進めようとする申請者に対し、適切なITツールの提案・導入・アフターサポートを実施
  3. 補助事業に関する申請者からのお問い合わせ・疑問等について、事務局に代わって対応を行い、円滑な事業推進のサポートを実施
  4. 申請者による補助金不正受給等の不正行為を防止し、適切な補助金交付が為されるよう、補助事業の管理・監督を実施
  5. 導入されるITツールにより、申請者にとって生産性の向上効果を最大限引き出すことを支援


IT導入補助金制度には2つの枠があります

2021年4月現在、新型コロナウイルスが蔓延していることもあり、「IT導入補助金2021 交付規程 通常枠(A・B類型)版」の他に「IT導入補助金2021 交付規程・公募要領 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)」が公開されています。


「IT導入補助金2021 交付規程・公募要領 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)」とは、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者等を対象としています。

これから申請を検討している方は、通常枠(A・B類型)低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)のどちらかをご選択ください。それぞれの枠により補助限度額などが分かりますので、詳しくは下記URLで公開されている公募要領・交付規定をご確認ください。申請要件につきましても詳細をご確認ください。

URL:https://www.it-hojo.jp/applicant/

交付申請の流れ

交付申請の流れは以下の通りです。

  1. 本事業ホームページや公募要領を読み、補助金事業について理解する
  2. IT導入支援事業者・ITツールを選定する
  3. gBizIDプライムを取得する
  4. 【申請マイページ】の解説(補助事業者情報入力)
  5. IT導入支援事業者によるITツール情報の入力、事業計画の入力、申請内容確認
  6. 【申請マイページ】ITツール情報の確認、事業計画の確認・宣誓
  7. 【申請マイページ】補助事業者から事務局へ交付申請提出


交付申請 完了

申請・手続きのフロー


※IT導入補助金ホームページより引用


交付申請に必要な添付資料

交付申請時に必要な書類の概要は以下の通りです。詳細はホームページをご確認ください。
URL:https://www.it-hojo.jp/applicant/

法人の場合

  • 実在証明書:履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 事業継続確認書類:税務署の窓口で発行された直近分の法人税の納付証明書


個人事業主の場合

  • 本人確認書類:(有効期限内の)運転免許証もしくは運転経歴証明書もしくは住民票
  • (発行から 3 ヶ月以内のもの)
  • 事業継続確認書類1:税務署の窓口で発行された直近分の所得税の納税証明書
  • 事業継続確認書類2:税務署が受領した直近分の確定申告書 B の控え


履歴事項全部証明書(登記簿謄本)が最新の内容になっているか注意が必要です

法人の場合の添付書類である履歴事項全部証明書は、記載のある商号(会社名)、事業目的や役員構成、資本金といった情報が、最新の情報になっているか注意が必要です。

たとえば、

  • コロナ禍にともなって移転した本店所在地が反映されているか
  • 経営体制の変更に伴い役員の就任や退任が反映されているか
  • 増資による資本金変更が反映されているか


など、コロナ前後で会社に生じた変更が正しく反映されているか、必ず確認しておきましょう。

GVA 法人登記なら、会社変更登記に必要な書類を自動作成、郵送で申請できます

司法書士監修のGVA 法人登記なら、変更する情報を入力するだけで、会社変更登記の申請書類を最短7分で自動作成。

印刷して押印や収入印紙を貼れば、法務局に行かずに郵送で申請できます。
本店移転や役員変更など10種類の申請に対応。それぞれを組み合わせての申請も可能です。

司法書士監修 GVA 法人登記の特徴

  • 10種の申請に対応。複数種類の組み合わせも可能
  • 必要書類が最短7分で作成できる
  • 変更登記書類が※10,000円(税別)から作成できる
  • かんたんに郵送申請ができる「かんたん郵送パック」完備
  • 登記反映後の登記簿謄本や収入印紙など多彩なオプション

※代表取締役の住所変更は5,000円(税別)、ストックオプションは30,000円(税別)です。

GVA 法人登記で、リーズナブルかつスピーディに登記申請しましょう。
GVA 法人登記はこちら(登録無料)

まとめ

審査後採択されれば、補助事IT導入支援業者業の実施となりITツールを導入・活用となります。2021年4月現在、新型コロナウイルスの関係で事業に悪影響を及ぼしている企業や中小企業・小規模事業者で生産性向上、業務効率化の為のITツールの導入を考えている場合は、IT導入補助金の申請をご検討いただければと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆者:GVA 法人登記 編集部(GVA TECH株式会社)

GVA 法人登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「GVA 法人登記」や契約書チェック支援支援「GVA assist」などのリーガルテックサービスを提供しています。

サービス詳細を見る