オンラインの商業登記申請支援サービス3つを比較。料金や機能から自分にあったサービスを見つけて効率化しましょう

その他
商業登記

本店移転や役員変更、目的・商業変更、増資(募集株式の発行)など、会社に変更が生じたときには登記申請が必要です。

登記申請が増えるのは、年末や決算期が集中する3月の後の株主総会タイミングで、どうしても時期が集中します。最近は新型コロナウイルス感染防止のため、混雑する法務局窓口に行かないで申請する方法の利用も増えてきました。

そんな方法の一つが「郵送での登記申請」です。

従来は自分で調べて苦労しながら申請書類を作成するか、司法書士に報酬を支払って申請書類作成から提出までを代行してもらうのが一般的でした。

  • 費用をかけずに時間をかけるか
  • 費用をかけて丸投げするか


という選択肢に加え、最近はネット上で簡単に申請書類を作成できるサービスが増えています。

本記事では登記申請を支援するサービスから3つをピックアップして紹介。対応登記の種類や機能、価格、オプションサービスなどから自社に合ったサービスを見つけていただければ幸いです。

LegalScript(株式会社リーガルスクリプト)


リーガルスクリプト


こんな方に向いています


  • 多少は作業が増えてもできるだけ安く登記申請したい
  • Web上での入力作業があまり苦にならない
  • 現在の会社の登記情報が手元に揃っている


会社の設立登記から始まり、本店移転、役員変更など、頻度の多い会社変更登記に対応する会社の変更登記の登記書類作成支援サービスです。

会員登録後、ガイドに従って現在の会社情報と、登記申請箇所を入力すると書類データが作成されます。印刷して押印と収入印紙を貼り、法務局に提出もしくは郵送で登記申請します。

サービス全体で「登記申請をDIYで」というコンセプトが打ち出されており、最低限の書類作成を自動化し、印刷や郵送は自力でなるべくお金をかけずに申請したいという方向けのサービスといえます。

リーガルスクリプト

変更登記ひとりでできるもん(株式会社ユーモアプラス)


ひとりでできるもん


こんな方に向いています


  • 他のサービスで対応していない登記種類の申請が必要
  • とにかく安く登記申請したい
  • Web上での入力作業があまり苦にならない
  • 登記申請経験や登記の基礎知識があり、ちょっとした疑問は自分で解決できる


対応登記の種類が最も多く、歴史の長いサービスです。
株式会社だけでなく、合同会社の各種変更登記までさまざまな登記ニーズに対応できます。

手元のPDF形式の登記簿をアップロードして入力するなど、便利な入力機能にも対応しており、バランスの良いサービスです。対応できる登記種類が多いため、自分が登記したい内容の理解や、入力のために登記の基礎知識が必要だったり、ちょっとした疑問は自分で解決できるスキルが必要になるかもしれません。今まで登記申請の経験がある方におすすめのサービスです。

ひとりでできるもん

AI-CON登記(GVA TECH株式会社)[PR]


AI-CON登記


こんな方に向いています


  • 入力作業などの手間をかけずに登記申請したい
  • 少ない労力で確実に登記申請したい
  • 郵送で申請するのに最適なサービスを探している
  • 登記申請経験や知識がないので、できるだけ簡単な方法で登記申請したい
  • 最新の自社の登記簿が手元になく、正しい情報入力ができるか不安


本Webサイトを運営するGVA TECHによる登記申請書類作成支援サービスです。

他の2つのサービスに比較して利用料金は少し高くなりますが、できるだけ手間をかけたくない人や、少ない労力で確実に登記申請したい人向けの機能・サービスが充実しています。

最新の登記情報を反映するためのPDF登記簿が無料で取得でできるので、アップロードするだけで確実に登記情報の反映ができます。入力の手間はもちろん、わずかなミスも許されない登記申請に便利な機能です。

また、有料のオプションも充実しています。特に「かんたん郵送パック」では、必要な書類を印刷、押印箇所などに付箋をつけ、法務局へ郵送用のレターパック封筒とセットでお届けします。指定箇所に押印と収入印紙を貼ってポストに投函すれば登記申請が完了します。

登記種類によっては大量の書類の印刷が必要になりますので、「どの書類の印刷が必要なのか?」「書類のどこに押印が必要なのか」「どう製本すればいいのか」などに不安のある方や、申請後になるべく修正をしたくない効率重視の方におすすめのサービスです。

AI-CON登記はこちら

AI-CON登記

おわりに

ネット上で会社変更登記書類を作成、登記申請を支援する3つのサービスを紹介しました。

実はこの申請方法の他にも法務省が提供するオンライン申請があります。

ただし、現段階では一部書類の郵送が必要だったり、Windows専用ソフトのインストールや電子証明書の取得など手間も多いため、登記申請の頻度が少ない方にとっては今回紹介したようなサービスの利用がおすすめです。

登記種類にもよりますが、これらサービスを使うことで費用はもちろん、数時間分の効率化が可能です。申請業務はできるだけ効率化して、本来の業務に使える時間を増やしましょう。

執筆者:AI-CON登記 編集部(GVA TECH株式会社)

AI-CON登記のマーケティングやコンテンツ作成を担当しています。GVA TECH株式会社では、オンライン登記書類作成サービス「AI-CON登記」や契約書チェック支援支援「AI-CON」などのリーガルテックサービスを提供しています。